必見!唇をぷるぷるにする方法!柔らかく潤うモテ唇の作り方とは?

 
 
女性から見ても、潤って柔らかい「ぷるぷる」の唇は魅力的!
 
「気が付いたら唇がカサカサしてきたなあ・・・」
 
これから秋が深まってくると、唇のカサつきや荒れ、気になりますよね!
 
そんな時はさらに、ぷるぷるの唇を持つ方に目を奪われます。
 
あんな唇になりたいな~と思ったら必見!!
 
今回は唇をぷるぷるにする方法として、リップケアとメイク方法をご紹介します。
 
 
 

1.今すぐできる!唇をぷるぷるにするリップケア方法

 
まるで赤ちゃんの様に常に潤って柔らかく、ほんのり色づいた「ぷるぷる」唇は皆の憧れですね。
 
今回は、そんなぷるぷる唇に近づくための、今すぐ出来るお手入れの方法をご紹介します。
 
毎日出来るお手入れと、週に1回の特別なお手入れの2つがあり
 
どちらも簡単&お手軽に出来ますので、是非両方試してみて下さい。
 
 

1-1. 毎日出来る!サランラップでリップパック

 

 
このサランラップパックは、唇を柔らかくしながら、しっかり保湿してくれます。
 
簡単で毎日出来るケアなので、荒れる前の予防にもなりますね。
 
準備するものはたったの3つ!しかも時間はたったの3分です。毎日のお手入れに取り入れていきましょう。
 

●準備するもの
・ワセリン
・食用品ラップ
・蒸しタオル

 
ワセリン以外にも、リップクリーム、はちみつ、オリーブオイル等でも応用出来ます。
 
自分にピッタリのパックを見つけましょう。
 
 

※蒸しタオルの作り方※

 

 

    ①水で濡らしたタオルをゆるめに絞ります
     
    ②耐熱皿に乗せて、電子レンジで40秒~1分程温めて完成

 
熱いので気を付けて下さいね。
 
 

●リップパックのやり方

 

    ①蒸しタオルを唇に優しくあてて、1分間程温めて蒸します
     
    ②温まった唇の中央から口角にかけ、ワセリンをたっぷり厚く塗ります。
     ややオーバーリップ気味に塗るのがおすすめです。
     ※塗る時に指が唇に触れない位厚めにする事を目安として下さい。
     
    ③ラップを唇全体が覆いかぶせる大きさに切り、唇にはります。そのまま3分間パックします。
     
    ④3分経ったらラップを剥がして完了です。
     
     唇に残った油分が気になる、という方は柔らかいティッシュ等で優しく押さえてふき取りましょう。
     
     
    【ポイント】
     
    ぷるぷる感が足りない方は、パックの時間を5~10分に変更してみるとより潤いが保てます。

 

1-2. 週に1回スペシャルお手入れ!お砂糖でスクラブマッサージ

 
こちらは週に1度のスペシャルケアとしておすすめです。
 
ボディケアではおなじみのスクラブマッサージですが
 
保湿力のある砂糖で唇にスクラブを行うことで、唇の血行が良くなり、血色感が良くなります。
 
また、古くなった薄い角質も取れやすくなり、ノーメイクでも潤いのあるぷるぷる唇を目指す事が出来ます。
 
 

●準備するもの

 

    ・砂糖:大さじ1
     
    ・はちみつ:大さじ1
     
    ・オリーブオイル(ココナッツオイルでも可♪):小さじ1
     
    ・ワセリン:小さじ1/2

 
※砂糖は甜菜糖・きび砂糖などがおすすめですが、もしなければグラニュー糖でも可能です。
 

●砂糖スクラブの作り方

 

    ①砂糖とはちみつを容器に移して混ぜ合わせます。
     
    ②そこにワセリンまたはオリーブオイルを追加し、お好みの固さになるまで混ぜていきます。

 

●砂糖スクラブの使い方

 

    ①まずはしっかりリップメイクを落とし、唇を清潔な状態にします。
     
    ②濡らした唇に、出来上がったスクラブを乗せ30秒~1分程度マッサージしていきます。
     唇の上で小さな円を描きながらクルクル輪を描くよう撫でる様に優しくマッサージします。
     ゴシゴシこすらない様にしましょう。
     
    ③冷たい水で優しく洗い流します。
     
    ※防腐剤などを入れない手作り化粧品ですので、長期保存はおすすめ出来ません。
     出来ればその場で使い切りましょう。

 
 

2.唇をぷるぷるにするおすすめリップ

 
ぷるぷるの唇を維持するためには、日常で使用するリップも重要です。
 
選び方のポイントは保湿力と塗り心地!
 
また、柔らかいテクスチャーのものを選ぶと、唇への負担が少なくなると言われています。
 

 
ソティス プランピングリップバーム
 
唇の乾燥や荒れをケアしながら弾力感をプラス、ボリュームのあるふっくらとした立体的な唇に仕上げます。
 
ジューシーな艶と輝きを与えグロス感覚で使用できます。
 
 

3.ぷるぷる唇をつくるメイク方法

 
ここでは、しっかりお手入れしてぷるぷるになった唇を、より魅力的に見せるためのメイク方法をご紹介します。
 

●使用するもの
・リップライナー
・口紅
・リップグロス

 

    ①まずはリップライナーで上唇の山型になった部分と下唇の中央のラインを引きます。
     
    ②次に口角のラインを外側から内側に向けて引きます。自分の唇よりも大きめに描くのがポイントです!
     なお、上唇を広くとるとセクシーな印象になります。
     
    ③続いて口紅&グロスです。
     こちらは唇全体の印象を作りますので、塗り方もコツをしっかり押さえましょう。
     リップラインを引いたら、その内側を口紅で塗りつぶします。
     唇の外側から中央に向けて塗っていきましょう。
     程よい血色感を出すために、コーラルピンクやベージュピンクなど、肌馴染みのいいカラーがおすすめです。
     
    ④その上に透明か薄いピンクのグロスを重ねます。
     輪郭部分にのせるとぷるぷるではなくギトギトした印象になるので、唇の内側に塗るのがポイントです。
     
    ※全体に塗ったあと唇の中央部分にだけもう一度重ねると可愛らしい印象がアップします。

 
 

4.唇をぷるぷるに保つためのポイント

 
日常生活にも、ぷるぷる唇を保つ秘訣はたくさんあります。是非意識して行っていきましょう。
 
 

(1)唇を舐めない

 

 
ぷるぷる唇を保つためには、唇を舐めない様に気を付けましょう。
 
唇を舐めるとしっとりと潤った気がしますが
 
唾液が蒸発する際に唇の水分も一緒に奪ってしまい、さらに乾燥してしまいます。
 
また、せっかく唇に塗ったリップやぷるぷるに仕上げたメイクも落ちてしまいます。
 
つい癖で・・・という方は意識して改善する様にしましょう。
 
 

(2)唇のめくれた皮を無理やりむかない

 

 
ぷるぷる唇にしたいなら唇の皮がむけてきても、むかないようにしましょう。
 
唇のめくれた皮は、剥がれる準備ができていない状態ですので、無理にむくのはぐっとガマンしましょう!
 
 

(3)唇にはこまめにリップを塗って乾燥を防ぐ

 

 
唇にはこまめにリップを塗り、ぷるぷる感を維持できるようにしましょう。
 
唇に風が直接触れることで水分が奪われ、乾燥が進行しやすくなります。
 
 

(4)リップは正しく塗る

 

 
ぷるぷる唇に欠かせないアイテムであるリップは、正しく塗ってあげましょう。
 
たとえば固形のリップクリームを唇に強く押し付けて引っ張るように塗ると
 
摩擦となって唇にダメージを与えてしまいます。
 
多くの方はリップを「横」に塗りがちですが、唇は縦にしわが入っていますので
 
この流れに沿って「縦」に塗るのがおすすめの塗り方です。
 
 

(5)生活リズムを整える

 
ぷるぷる唇にするためには、生活リズムも重要です。
 
ストレス、暴飲暴食などにより胃が荒れてしまいそれが唇の荒れに繋がる事もあります。
 
ビタミンCはストレス軽減の効果があると言われていますので積極的に摂取しましょう。
 
ビタミンCが豊富な食材:レモン、イチゴ、赤ピーマン、じゃがいも、カリフラワー等
 
キウイも手軽に食べられるのでおすすめです。
 
 
 

5.まとめ

 
女性ならではの魅力である、潤って柔らかい「ぷるぷる」の唇を作る方法、いかがでしたか?
 

 
冷房による乾燥やこれからの季節、どうしてもカサカサ唇になりがちだからこそ
 
日頃からのしっかりケア&メイクを心がけ、みんなが羨むふっくらぷるぷるなモテ唇を目指しましょう♡♡
 
 
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP