ボディクリームでいい香りの女演出♡おすすめボディクリーム

香水とはちょっと違う、ナチュラルにフワッと香って
 
「いい匂いだね・・・」
 
なんて言われてしまう、いい香りのボディクリームをお探しではありませんか?
 
やわらかいボディクリームの香りは、はっきりとした香水の香りと違い、
 
男性の想像力と欲求をよりかきたてるなんて噂も…♡
 
今回は、いい香りのするボディクリームが欲しいなぁとお探しの方へ
 
私からおすすめしたい、女に磨きがかかりそうなボディクリームを集めました!
 
なかなか良いと思える香りアイテムに出会えなかった方や、
 
どんな香りが良いのか分からない方は、必見です!
 
素敵な香りに包まれながら、自分に合ったボディクリームで、スキンケアのひと時を楽しんでくださいね♡
 

☆いい香りのボディクリームを選ぶ2つのポイント

 

 
愛用したくなるお気に入り、いい香りのボディクリームをゲットするために、
 
2つのポイントを意識してみましょう!
 

❃欲しい香りの系統は?

 
“いい香り”のボディクリームを選ぶためには、
 
巷で人気の香りのボディクリームではなく、まずは自分好みの系統の香りのものを選びましょう!
 
「甘めの香り」や、「さわやかでさっぱりする香り」など、欲しい系統の香りを絞ってみてください。
 
気になるあの人の好みや、自分のなりたいイメージに合わせて香りを決めてみても良いでしょう。
 
女性らしさを求めるなら、甘めに。
 
クールで頼れる印象の女性を目指すなら、さわやか系の香りが良いかもしれませんね!
 

❃使用感を知る

 
ベタつかないか?など、使用感も確かめましょう。
 
毎日つけるものなので、使い心地は大切です。
 
香りは好きなのに、使用感が苦手で使えないなんてことのないように、
 
良いと思えるボディクリームを選んでください。
 
実際に使った方の口コミも参考にすると、さらに選びやすくなるのではないでしょうか。
  
また、テスターがある場合は、香りを嗅いですぐ購入するのではなく、実際につけてみてから、判断するのがおすすめです。
 
嗅ぐのと付けてみるのとでは、香りの感じ方が異なります。
 

☆どんないい香りのボディクリームが欲しい?

 

 
では実際に、どんな系統の香りが欲しいかを考えてみましよう。
 
香りは大きく分け、甘い系統の香りと爽やかな系統の香りがあります。
 
女性らしい香り、セクシーな香り、美味しそうな香りが欲しい方は、
 
甘い系統から選びましょう。
 
また、スッキリする香り、ユニセックスな香り、フレッシュな香りが欲しいという方は、
 
爽やかな系統から選びましょう。
 
香りの系統が同じでも、商品によって印象もずいぶん異なります。
 
本当に良いと思える香りをセレクトしてくださいね!

☆いい香りのボディクリームをつけるポイント

 
ボディクリームを塗るときは、以下のポイントを押さえて塗りましょう!
 

❃付ける場所を意識する

 

ボディクリームを塗るおすすめ部位
鎖骨
おしり

 
いい香りのボディクリームを使うとき、全身からいい香りをただよわせたいですよね。
 
しかし、ボディクリームは、付ける場所にも気を配ることが大切だと言われています。
 
あくまでも香り目的で使いたい方は、部分づけしても良いですね。
 

❃香りの系統を合わせる

 
ボディクリームのいい香りを引き立たせるためにも、シャンプーやヘアスプレーなども、
 
ボディクリームの香りの系統と合わせることをおすすめします。
 
系統の違う香りが混ざると、せっかくのボディクリームの香りが引き立ちにくくなることがあります。
 
香りの強い柔軟剤などとも、香りが混ざらないように工夫すると良いでしょう!
 

❃UV対策も忘れずに

 
また、お出かけ前に使いたい方は、
 
ボディクリームを塗った上から日焼け止めを塗ることをおすすめします!
 
ボディクリームには、日焼け止めのような機能がないことがほとんどのようなので、
 
UV対策も行って、香りを楽しみながらお出かけしましょうね♪
 

〜番外編〜 ボディミストを使いこなそう!使い方&魅力をご紹介

 
ボディクリームのほかにもボディミストなんかも使いやすいですよ♪
 
今回はそんなボディミストをより使いこなしていただくために、
 
ボディミストの魅力や使い方などをご紹介します。
 
既にボディミストを使用されている方はボディミストの知識をより深めるために、
 
まだボディミストを使用してはいないけれど、気になっているという方は、
 
ボディミストを使用する切っ掛けとして、是非お読みください。
 

☆ボディミストと香水の違い

 
まずは、ボディミストの魅力をより一層引き出す使い方を身に着けるために、
 
ボディミストと香水の違いを確認してみましょう。
 
以下は、ボディミストと香水の違いを分かりやすく簡単にまとめたものです。
 
ボディミストと香水の違いをしっかりと理解し、TPOに合わせて使い分けるよう心がけてみてください。

ボディミスト

▲ パルフェタムール サボンサボン / フレグランス ヘア&ボディミスト エバーヴォーチェ

 
香料に加え、エッセンシャルオイルや精油、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合された液体。
 

特徴

 
美容成分により香りが薄まっているため香りの持続はあまり長くないことが一般的。
 
香り方はふんわりとやわらかくなるといわれている。
 

一般的な付け方

 
肌や髪にたっぷりと吹きかける。
 

香水

▲ パルフェタムール / オードトワレ クラシックローズ

 
主に香料が配合された液体。
 

特徴

 
香りの持続性があり、衣服などに香り付けしやすいとされている。
 
よりしっかりと香りを感じやすい。
 

一般的な付け方

 
手首やひざの裏など、一か所に少量付ける。
 
 
「香りを楽しむ」ためのアイテムとしての意味合いが濃いため、少量でしっかりと香る香水に対し、
 
ボディミストは肌のケアまで視野に入れて作られたアイテムであり、「香り付の化粧水」のようなものだと言えるかもしれませんね。
 

☆ボディミストの使い方

 

 

❃乾燥が気になる部分に付ける
❃衣服に付ける
❃ベッドやカーテンに付ける
❃コットンパックとして使う

 

☆こまめに使う

 
ボディミストの香りの持続性は、持っても1時間~2時間程度だと言われています。
 
その為、朝や外出前に付けるだけでは香りが消えてしまうこともあります。
 
ボディミストの香りを楽しむために、外出時はボディミストを携帯し、定期的に付け直すようにしましょう。
 

☆つけすぎたら拭きとる

 
ボディミストは香り立ち方がやわらかい傾向にあるといわれています。
 
とはいえ大量につけ過ぎると香りが濃くなり過ぎてしまうこともあるかもしれません。
 
ボディミストをつけ過ぎた、と感じたら、ボディミストを付けた部分を水で洗い流すようにしましょう。
 
また、洗い流すことが難しい環境であれば塗れティッシュで拭き取るという方法もおすすめです。
 

☆香りは下から上へ

 
香りは、下から上へと移動するといわれています。
 
香りを楽しみたい時は、どうしても鼻に近い位置に付けたくなるものですが、
 
ボディミストは足首やひざの裏、わき腹などにつけることがおすすめですよ。
 

☆なじませる

 
保湿の用途でもあるミストの場合は、肌全体にムラなくなじませることが大切です。
 
手のひらで軽くハンドプレスし、しっかりとなじませるようにしましょう。
 
また、スキンケアの意味合いも込めてボディミストを使う際は、商品記載の適量か少し多めを意識するとよいでしょう。
 
角質層にしっかりなじませて浸透させるため、惜しみなく使うことをおすすめします。
 

☆ボディミストの使い方 注意点

 
ボディミストの中には、顔とからだどちらにも使用できるものがあります。
 
しかし、香りが特徴的なボディミストは、顔に使用することはあまりおすすめできません。
 
使用する際は、使用上の注意をよく読んでから使用しましょう。
 
(顔への使用が可能なアイテムであれば、顔との距離を20センチほど取り、こまめに動かすようにしてスプレーしましょう)
 
その際、目や鼻、口に入らないよう注意しましょう。
 

♡まとめ♡

 

 
ボディクリーム&ボディミストはセルフボディケアとしてよく使うものです。
 
香り・使用感ともに大切ですので、お気に入りのボディクリームを見つけて、
 
いい香りに包まれながらボディのお手入れを楽しんでください♪
 
気になるあの人からも、「いい匂いだね」なんて言われちゃうかもしれませんよ♡

関連記事一覧

PAGE TOP