♡パーマがとれかけた!復活スタイリング方法&長持ちさせるコツ♡

 
 
「パーマがとれかけてしまったら、どうするの?元に戻ることはある?」
 
とお悩みではありませんか?
 
せっかくキレイにかけたパーマでも、とれかけるとパサパサしてしまったり
 
髪の毛が広がってしまったりと、何をしても納得がいかないことってありますよね。
 
「パーマをかけ直しに行きたいけど、傷んでしまうし、お金も掛かるし…。」
 
と、お悩みのアナタ!
 
とれかけてしまったパーマが
 
まるでかけたてのようなウェーブに復活させることができるかもしれません♪
 
今回は
 
とれかけたパーマを復活させる方法」「パーマの持ちを良くするための5つのコツ」「パーマの持つ期間
 
をご紹介します。
 
キレイなウェーブを取り戻し、オシャレなヘアスタイルを楽しみましょう♡
 
 
 
 

1.パーマがとれかけたときに復活させるスタイリング方法

 
とれかけのパーマは中途半端にウェーブが残っているため
 
寝癖にすら見えてしまうこともありますよね。
 
鏡を見るたび「はぁ…」とタメ息ばかり吐いていませんか?
 
しかし、パーマはとれかけてもスタイリング料やドライヤーの使い方次第で
 
サロン帰りのように復活させることができこともあるのです♪
 
この章では、とれかけたパーマを復活させる方法をご紹介します!
 
 
 

とれかけパーマの復活方法①半渇きの状態でスタイリング料を付ける

 

 
髪はパーマをかけることで乾燥しやすくなると言われています。
 
乾燥している髪はウェーブの形状記憶が弱まってしまうことがあるとされているのです。
 
逆に水分を含むことでウェーブが戻ることがあるので
 
まずは保湿のためにスタイリング料を半渇きの状態でつけるようにしてみましょう。
 
スタイリング料なら、保湿をしながらウェーブをキープさせることが期待できるため
 
パーマのウェーブを長時間キープしやすくなると考えられています♪
 
髪の傷みが特に気になるのならミルクタイプやオイルタイプのスタイリング料が良いですが
 
ハッキリしたウェーブを出したいならムースタイプがオススメです。
 
使用量は、商品によって異なりますので
 
パッケージに記載された量を使用してくださいね。
 
 

とれかけパーマの復活方法②ドライヤーテクニックを使い分ける

 

 
スタイリング料を付けたら、ドライヤーをかけましょう。
 
パーマの乾かし方は2通りあると言われています。
 
理想のスタイリングに合わせて使い分けるようにしてくださいね。
 
また、パーマは水分を含んでいる方がウェーブがでやすいので
 
ドライヤーで8~9割ほど乾かしたら、残りは自然乾燥で乾かすことを勧めるスタイリストもいるそうです。
 
 

とれかけパーマの復活方法③コテで巻く

 

 
もし、①~②でも思うようなウェーブが出せない場合は、コテで巻きましょう。
 
コテを使用することでウェーブが出せるのは当たり前ですが
 
とれかけのパーマにコテを使用することで、パーマやコテのみの時よりも
 
1日のウェーブの持続時間が長持ちすると言われています
 
そのため、もともとのパーマのカールに合わせて、コテで巻くようにしましょう!
 
 

とれかけパーマの復活方法④最後に、もう一度スタイリング料を付ける

 

 
スタイリング後は、最後にもう一度スタイリング料を付けましょう。
 
ドライヤー前のスタイリングと同様に、髪の傷みが気になるのならミルクタイプやオイルタイプ
 
ハッキリしたウェーブを出したいならムースタイプのスタイリング料がオススメです。
 
そのあとに、ヘアスプレーを吹きかけることで、長時間ウェーブを持続させることが期待できますよ。
 
たまにヘアスプレーでガチガチに固める方もいますが
 
重さによりかえってウェーブを伸ばしてしまうことがあります。
 
そのためヘアスプレーをかける際は、頭皮から20㎝ほど離して
 
内側も含めてウェーブ全体に軽く吹きかける程度にしましょう!
 
 
 

2.パーマがとれかけたときはカットで復活

 

 
とれかけたパーマは、実はカットすることで復活することもあります!
 
髪の毛が伸びて量が増えることで、重さによりダレてしまうこともあるとされているのです。
 
そのため、髪の毛全体をすいたり、毛先を軽くレイヤーを作ることで、ウェーブが復活することがありますよ♪
 
また、同じような髪形に飽きた場合は、とれかけたパーマを活かしたヘアスタイルの変更もオススメです。
 
とれかけたパーマのボリューム感を活かして
 
トップがふわっとしたショートヘアやボブなどの大幅なイメチェンも魅力的です。
 
現在のパーマの状態にもよるため、美容師さんに相談しカットしてもらいましょう。
 
 
 
 

3.パーマの持ちを良くするための5つのコツ

 

 
「パーマをもっと長持ちさせたい」「私だけパーマの持ちが悪い!」
 
と思ったことはありませんか?
 
実はパーマをかけたあとにやってしまいがちな行動の中に
 
パーマが落ちやすくなる原因があると言われています!
 
もしかしたら、自らパーマがとれやすくなるNG行動をとっているがゆえに
 
パーマの寿命を減らしてしまっているかもしれません。
 
しかし、パーマをかけた後のコツをしっかりと意識することで、パーマを長持ちさせることが期待できます♪
 
そのために、この章ではパーマの持ちを良くするためのコツを5つご紹介します!
 
 
 

①パーマをかけた初日はシャンプーをしない

 

 
パーマをかけた当日は、シャンプーをしないようにしましょう。
 
パーマが定着するまでに目安として24時間必要と考えられているため
 
かけた当日はパーマを形成させている最中だと考えられているのです。
 
そのため、当日にシャンプーをしてしまうことで、パーマがとれやすくなってしまうことがあります。
 
ただ、シャンプーを使わずに、ぬるま湯で軽く汚れを洗い流したり
 
コンディショナーを使う程度なら大丈夫な場合もあるそうです。
 
「シャワーだけでも当てたいな」という方は、パーマをかけてくれた美容師さんにその日のヘアケアについて相談してみましょう。
 
 

②パーマ専用のシャンプーを使用する

 

 
パーマをかけている間は、パーマ専用のシャンプーを使用してみましょう。
 
パーマをかけた後も、普段と変わらないシャンプーを使用する方が多いかと思います。
 
しかし、普段使用しているシャンプーの中には、パーマを落としやすくしてしまうものもあるそうです。
 
パーマ専用のシャンプーは、パーマを長持ちさせるだけでなく
 
髪に必要な栄養を補給できるように作られているものが多くあります。
 
 

③ 過度なトリートメントは控える

 

 
パーマをかけている間は、毎日の過度なトリートメントを控えましょう。
 
パーマによって傷んでしまった髪を、トリートメントを使用してお手入れしようとする方もいるかと思います。
 
しかし、トリートメントを付けることで見た目はキレイになるのですが
 
パーマ液が髪の内部にまで浸透してしまうことで、パーマがとれてしまうことがあるとされています。
 
 

④強い力でブラッシングをしない

 

 
パーマをかけている間は、強い力でブラッシングをしないようにしましょう。
 
パーマは強い力やブラシの使用による摩擦で、とれてしまうことがあります。
 
そのため、パーマをかけた髪をとかす際は手ぐしで整える程度にしましょう。
 
 

⑤紫外線に当たらない

 

 
パーマをかけている間は、紫外線に当たらないようにしましょう。
 
紫外線を浴びると髪も日焼けし、すこやかに保てなくなることがあります。
 
髪の毛から栄養や水分が失われないようにフタをする働きがあるキューティクルにも
 
影響を与えてしまうことがあると考えられているのです。
 
髪の毛が傷んでしまうと、パーマやカラーは落ちやすくなってしまう傾向にあるようです。
 
そのため、紫外線対策用のスプレー、紫外線対策用の帽子、日傘等を使用して
 
紫外線から髪の毛を守るようにしましょう。
 
 
 

4.パーマの持つ期間

 
「そもそもパーマってどれぐらい持つの?」と、お悩みではありませんか?
 
パーマの持続期間は髪質やダメージによって変わってきますが
 
パーマの種類によっても持つ期間が変わると考えられています。
 
パーマの平均的な持続期間を知ることで、パーマと毛質の相性や
 
パーマをかけ直すタイミングの目安を知ることができますよ。
 
自分のかけたパーマの持ちが明らかに短い場合は、次回は違う種類のパーマに挑戦してみても良いですね♪
 
ここでは、パーマの持つ期間をご紹介します!
 
 

①水パーマ 約2~3カ月

 
水パーマは、ゆるふわなウェーブを出せるパーマで約2~3カ月持つと言われています。
 
ナノスチームを利用して保湿を行いながらウェーブが作られるため
 
持ちは短いですが髪の負担を抑えながらウェーブがかかります。
 
 

②コスメパーマ 約2~3カ月

 
コスメパーマは、ゆるいウェーブを出せるパーマで約2~3カ月持つと言われています。
 
化粧品登録されている薬剤を利用するため、持ちは短いですが
 
濃度が薄く最も髪への負担が少ないパーマだとされています。
 
ツンとしたパーマ独特の匂いがなく、ブロー次第でストレート・ウェーブのどちらも楽しめるのが特徴です。
 
 

③コールドパーマ 約3カ月

 
コールドパーマは、熱を使わない一般的なパーマで約3カ月持つと言われています。
 
髪が濡れているときにウェーブが強く、乾くにつれて緩やかなウェーブになることが特徴です。
 
 

④クリープパーマ 約5カ月

 
クリープパーマは、潤いのある大きなウェーブを出せるパーマで約5カ月持つと言われています。
 
クリープパーマは、髪への負担を抑えながらかけることができるとされています。
 
 

⑤エアウェーブ 約5カ月

 
エアウェーブは、低温の熱でウェーブを記憶させるパーマで約5カ月持つと言われています。
 
デジタルパーマよりも持ちは短くなりますが
 
根元からウェーブをかけることのできるパーマだとされています。
 
 

⑥デジタルパーマ 約半年

 
デジタルパーマは、熱でウェーブを記憶させるパーマで約半年持つと言われています。
 
熱を利用する分ダメージは強くなりますが、持ちがよく
 
乾かすだけで簡単にウェーブを作ることができるとされています。
 
 
 

5. パーマがとれかけたときの復活方法☆まとめ

 
「とれかけたパーマを復活させる方法」「パーマの持ちをよくするためのコツ」「パーマの持つ期間」
 
などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
 
パーマがキレイに復活するだけで、美容院代を浮かせられるだけでなく、毎日の外出が楽しくなりますよね♪
 
パーマを長持ちさせて、オシャレなヘアスタイルを楽しみましょう♡
 
 
 
 

関連記事一覧

  1. 髪の毛を綺麗にはやく伸ばす方法
PAGE TOP