パサつく髪の手入方法、こうすれば解決します。

多くの人が日ごろ悩んでいる髪の悩み人それぞれ違いますが日本人の髪質的に最近多いのが「髪のパサつき」「まとまらない」「乾燥する」「静電気が起こる」「ごわつく」などです。
 
なぜ髪がパサつくのか?

 
 

その理由も髪の状態によって人それぞれですが、最近日本人の髪質が変わってきているのは確実です。
 
それは何故か?

 
生活環境の変化や地球の温暖化、女性ホルモンの低下、栄養不足、紫外線が影響しています。
でもその環境を大きく変える事は不可能。ではどのようにして変えるか・・・?

 
ここで大事なのが日ごろの髪のお手入です。
今、髪に何が足りないのかを正しく知る事が解決の早道です。今からパターンを紹介します。
 
 
あなたの髪の状況はどれにあてはまりますか?
 

カラーやパーマはしていない、くせ毛で髪が太く乾燥している。

 

このような方は髪に水分が足りていない、水分バランスを補うことが必要です。
一言で水分を補うと言っても難しく、髪を水で濡らせば補うものではありません。
 
水道水の水では粒子が大きいので髪の中まで浸透しません。
 
ではどうすればいいのか?
 
 
最近ヘアケア商品で水分バランスを整えるウォーターミストが販売されているので一度試してみるのをお勧めします。
それでも納まりが悪い時はクリーム状の洗い流さないトリートメントを夜のお風呂上りで、
髪を乾かす前に全体に塗布してから乾かすと、朝の手入が楽になり悩みも改善してくるのでお試し下さい。

 
 
重要POINT : 髪にトリートメントをつけたあとは必ず乾かすこと!

 

ここが一番重要です。
 
これを怠るとせっかくのトリートメントも髪の中まで入っていきません。
 
 

また、髪が濡れた状態を放置するとキューティクルは広がりっぱなしになりまとまりが悪くなります。
日々の疲れで「乾かすのが面倒」と言わず、「ドライヤーで乾かす」ことを習慣付けることが大切ですね!
 
ドライヤーもどれを使えばいいのか?迷われる方も多いと思いますが、通常のドライヤーでも十分です。
値段が高いか安いかは、ワット数(乾かす強さ)の違いです。
 
 
ワット数が大きいほど早く乾きます。美容室で使っているドライヤーは約1500W~1600W。
早く乾くし、ムラなく仕上げてくれます。
電気屋さんで売っているもので1200~1500Wなので、早く乾かしたい方はプロ専用がおススメですね!
乾かしすぎもNGです!
 
 

科学薬品によるダメージ(パーマ・ヘアカラー・洗浄力の強いシャンプーなど)

 

このような方は当分の間、髪を休ませるのが一番の治療方法です。
 
 
繰り返しパーマやヘアカラーで髪が弱っているので美容室でカットを一月一回のペースで。
毛先が揃っていないと広がる原因にもなります。悪い毛先は早めにカットするのが一番の薬になります。
 
また、時間がないから、パーマ・ヘアカラーを一度にまとめて・・・
これもできれば、1~2週間の間をあけてすることがおススメです。

 
 
もともとの健康な髪に薬でうねりを与え(パーマ)、髪の色素を薬で強制的に変える(カラー)ことで
パーマかかりが悪くなる、カラーの色がきれいに入らないなどはもちろん、髪の栄養分はほとんどなくなってしまうのでトリートメントなどで補うことが難しくなります。その間、髪はダメージ毛となりパサつきが起こってしまいます。

 
 
何度も美容室に足を運ぶのは面倒かもしれませんが、パサつき、広がる髪を抑えるにはパーマ・カラーを一度にしない!ことが重要です。

 
 
また、パーマ・カラーをするときはプロ専用のトリートメントをしてもらうとダメージも軽減でます。
そして、ホームケア用のトリートメントで週1~2回栄養を入れてあげることがパサつきを抑えてくれます。
美容師さんに相談して、いいトリートメントに出会えるといいですね!

 
 

洗浄力の強いシャンプーは、必要な栄養分までも洗い流してしまいます。
いわゆる市販のシャンプーです。

 
 
市販のシャンプーを使っていたお客様が、美容室のシャンプーorトリートメントを使ったら市販のものを使うことができなくなった。とよく聞きます。
一番実感されることは?と聞くと、「髪のおさまり」だと言います。

 
それくらい、違いが実感できるとなると1度はプロ専用のヘアケアを使われることが解決に近づきます。
また、シャンプーの詳しいことは別コラムでお伝えしたいと思います。

 

塩素除去できるシャワーを使う。

 
 

水道水に含まれている塩素は安全性確保のための殺菌力で、必ず一定の残留塩素があるように定められています。

 
 
※ 1リットル当たり0.1mg(0.1ppm)以上の濃度を 保持していることが義務づけられています。

 
 
髪への負担は少なからずあり、必ずしもその影響を断定できませんが、髪は自己再生力はなく、痛んだままです。
シャワーヘッドを浄水機能付(フィルターを使って塩素を除去する)に変えることが髪のたんぱく質を守ってくれます。
高いものは何万円もするし、フィルター交換もあって面倒ですが、高いトリートメントを使っていくことを考えるとこちらのほうが割安かもしれませんね!

 
 
ちなみに、浄水器を使ってトリートメントをするとより浸透力が高まり効果は絶大です!!

 

 

栄養不足

 

髪にいい食品はこれ!とたくさんありますが、一番いいのはバランスよく食事をすることです。
髪は人間の末端にあるため、栄養が届くのは一番最後。

 
 
無理なダイエットや食生活の乱れは髪にまで栄養が届かなくなってしまいます。
髪だけではありませんが、食生活を整えることは身体すべてにいい影響を与えるということですね。

 
 

後は信頼できる美容師を見つける事です。

 
 

一度傷んだ髪を綺麗に元の健康な髪に100%戻す事は不可能ですが、今の状況より良くしていくには可能です。最近よく聞くのが「美容室ジプシー=行きつけのサロンがない」
安いサロンを転々としている方が多いので、その様なサロンは家でのお手入れ方法を細かくアドバイスをする事はまず有りません。

 
 
何が一番早く髪を良くするか?
なぜ芸能人・モデルは髪がキレイなのか?

 
 
答えは先ほども説明しましたが専属の美容師さんがいるからなんです。
まずは髪質を理解してもらい計画的に髪質を改善してもらう提案をしてもらえる事が何より重要なのです。
髪の目に見えない部分は手探り状態なので、いつも見てもらっている美容師さんなら安心して任せられますね。

 
 

まとめ

 
 
即効性を求めてヘアケア商品をいろいろ試す方は多いと思いますが、その商品の良さや効果は
一度使うだけで分かるものではありません。最低でも半年ぐらいは継続しないと効果は表れないのです。
少しでも良い商品と思う商品と出会ったら気長に使う事がポイントです。
 
 
そうする事で必ず髪の状態は良くなると思います。
最後に、重要なのは自分の状態を理解すること。
 
 
髪が健康であればドラッグストアで売れている商品でも良いのです。高額な商品が良いとは限らないのです。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 
 
 
 

関連記事一覧

  1. 髪の毛を綺麗にはやく伸ばす方法
PAGE TOP