老若男女問わず、、、ニキビ、吹き出物で悩んでいませんか??

老若男女問わず、、、ニキビ、吹き出物で悩んでいませんか??
 

☆ニキビ、吹き出物ができやすい場所ランキングBest10☆

1.生え際
2.Tゾーン
3.鼻
4.頬
5.フェイスライン
6.口周り
7.背中
8.お尻
9.胸元
10.頭皮

という統計もでております。

 

一般的に、食生活や睡眠不足が原因で、ニキビができてしまったと思われるかたも多いと思いますが、
1位、2位、4位、5位、7位、9位、10位と約半分以上を占めているニキビができやすい場所のひとつの原因として毛髪にも関係があります。

頭皮ケア

第1位の生え際にニキビが出来る原因は

シャンプーやリンスの不十分なすすぎや、毛穴の汚れがきちんととれていない。ストレスなどが挙げられます。
☆対策としては、、、
洗髪の時に、お肌に優しいヘマチン配合のシャンプーなどアミノ酸系のシャンプーをしっかり泡立てて、しっかり地肌を指の腹で擦り毛穴まで洗って下さい。
リンス、コンディショナー、トリートメントなどの油分は、地肌にはつけず毛髪に洗い残しがないようこちらもしっかり流して下さい。

2位のTゾーンにニキビが出来る原因は

ホルモンバランスの乱れや前髪の雑菌が付着する事が原因とかんがえられています。
☆対策としては、、、
洗髪を十分にして前髪がおでこにかからない髪型にするのも対処法のひとつです。

4位の頬にニキビが出来る原因は

頬はお肌のなかでも乾燥しやすい部分です。男性は、男性ホルモンのバランスの乱れで出来やすい箇所なのですが、女性の場合はさらに原因が2つ考えられます。
乾燥、冷え、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌と、、、
もうひとつ!!要注意なのが、不潔な寝具、バスタオルによる雑菌です。
☆対策としては、、、
保湿をしっかりして下さい!
そして、頬は寝ている時に枕、布団の寝具、さらにバスタオルと触れることが多い部分なので、寝具、バスタオルを清潔にする事を心がけてみて下さい。タオル、寝具を長期間使いまわしていると、臭いの原因にもなる雑菌が増殖します!!
その雑菌が繁殖した寝具やタオルを使うことで、せっかく綺麗に洗った、顔や頭皮に雑菌が
移動してニキビケアをしても台無しになってしまいますので。

洗顔する女性

5位のフェイスラインに、ニキビが出来る原因は

ホルモンバランスの乱れが代表的です。
加えてあごは、ストレス、冷え性など体内からくる要因もあります。

☆対策としては、、、
刺激性ストレスをかけない!無意識におこなってしまいがちなほおづえをつかないように気をつけたり、髪の毛が顔にかかってくるようなら結んでおくなど、、、も大切です。

頭を抱える女性

ホルモンバランスや冷え性などの体内バランスを整える商品としては、雑誌でもよく掲載されているポールシェリーは、ハーブの力で改善してくれるので、妊婦さん以外には本当にオススメです。
後、洗顔の後に洗髪をするとシャンプーやトリートメントなどが顔に流れていきコーティングしてしまうケースもあります。
コーティングしてしまう汚れが付かない為にも①洗髪してから②洗顔をしたり、③体を洗うとニキビができにくくなるので試してみて下さい♪

7位の背中にニキビが出来る原因は

背中は皮脂の分泌が多いため毛穴が詰まります。
シャンプーやトリートメントなどのすすぎ残しが大きな要因です。

対処法は、先ほども書いた体を洗う順番に気をつけて、さらに、しっかりとすすいで下さい。

9位の胸元にニキビが出来る原因は

髪が長い方は髪による刺激であったり、、、
鎖骨からVゾーンは、汗をかきやすく皮脂分泌も活発なので体の他の部位の2~3倍は皮脂が分泌されるので毛穴が詰まりやすいためニキビの出来やすい箇所であります。

☆対処法として、、、
髪が擦れないように、長い髪は毛先をまとめてくくっておく。しっかりとシャンプー、トリートメントを流す。
その他に、紫外線もニキビの悪化につながる為顔同様UVケアをして通気性の良い肌着を使うようにしてみて下さい。

最後に、10位の頭皮のニキビが出来る原因ですが、洗浄力の強い市販のシャンプーでの洗髪であったり、髪が濡れたままで就寝するなどが原因と言われています。

対処法として、、、アミノ酸系の洗浄力が優しいシャンプーを使い、髪を乾かして就寝して下さい。

 

 

※ニキビが出来やすい場所に共通する対策として、、、※

☆ニキビ予防のための洗浄は、洗い過ぎない事(すすぎはしっかりとする!!)
洗顔、洗髪は大切ですが、皮脂や汚れを落とす為に1日何回も洗うのは洗い過ぎといっていいでしょう。
潤い成分を落とし過ぎてしまい、肌が乾燥し、ニキビができてしまいます。
1日最高2回までにして下さい。

洗顔料は、肌触りがソフトで洗い流せるクレンジング料がオススメです。(ソティスの洗顔料は、泡立たないのですが、洗浄力を高めて皮脂を取り過ぎる発泡成分、界面活性剤を使用しておらず、とてもお肌に優しいので◎)

逆にクレンジングオイルは界面活性剤をたくさん含んでいる商品が多いため、毎日使うと肌を傷めてしまう恐れがあります。商品選びには御注意下さい。

タオルで水分を拭く時も、清潔なものを使い肌を押さえるように拭き取るのが良い方法です。

一言で言うと生活習慣の改善です!!

●栄養と量に気をつけた食事

良質タンパク質が特に大事で、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンもオススメです。食べる量は食べ過ぎには気を付けて、極端なダイエットも控えて下さい。

●質の高い睡眠

規則正しく、十分に良い睡眠をとって下さい。きちんと睡眠をとらないと、ホルモンは分泌されません。

●ストレスのリフレッシュ

ストレスをためるとホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。

●お酒、タバコはほどほどに

適度な量はリフレッシュになります。しかし、摂りすぎは内臓に負担をかけるので適量にとどめておきましょう。

Smoking Issues.

●体を冷やしすぎない

冷えはホルモンの分泌にとっては大敵です。特に腰回りを冷やさないように気を付けてください。

●適度な運動

運動をすると血行も良くなり冷えが解消できるのと、ストレス解消になります。散歩でもストレッチでもいいので、こまめに体を動かすことがオススメです。

皆様♪
参考にはなりましたでしょうか??少しずつ出来る事から取り入れていただいて、美肌、綺麗な頭皮になっていただければ幸いです。

 

 

記事作成者・パイン

関連記事一覧

PAGE TOP