顔の2倍の紫外線量!!恐ろしい紫外線事情とおすすめのヘアケア方法!!

髪は顔の約2倍の紫外線量を受けているんです!

知ってました?

紫外線を浴びた髪はパサパサゴワゴワ。

せっかくヘアカラーした髪も赤やオレンジに褪色してしまうんです。

髪が本格的に紫外線を浴びる前に、髪の紫外線事情とヘアケアアイテムをご紹介します。

 

夏もツヤ髪ですごしましょう♡

 

そもそも紫外線って?

紫外線とは地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光のことです。

UVというのは紫外線を英語で言った

『ultra violet』

の略です。

 

そして、

紫外線には3種類あります。

*UV-A波

*UV-B波

*UV-C波

そのうちA、B波が地球に届いています。

紫外線とは

UV-Bは、皮膚表面に届き、皮膚や目に有害です。

そして、日焼けしたり、皮膚がんの原因になります。

UV-AはB波ほど有害ではないですが長時間浴びると、細胞を傷つけてしまい同様に健康被害の原因となってしまいます。

窓ガラスや雲を通過して皮膚の奥深くまで届き、シワやたるみなどの「肌の老化」を引き起こす原因になります。

 

これがいわゆる「日焼け」の原因です。

 

紫外線

そして、

「日焼け」には2種類あるのをご存知ですか?

 

①まず、紫外線を浴びた直後に現れる「赤い日焼け」(紅斑)を「サンバーン」といいます。

ひどくなるとヒリヒリしたり水ぶくれができたりします。海水浴 などで真っ赤に日焼けするのはサンバーンです。

 

②もう一つ、赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヶ月続く「黒い日焼け」を「サンタン」といいます。

いわゆる、一般的にいわれる「日焼け」 にあたります。

 

また、赤くなっても黒くなりにくかったり、赤くならずにすぐ黒くなったりと、人によってタイプが分かれます。

 

◎紫外線1番多いのは?

同じ日本でも南に行くほど紫外線は強くなりますが

約5月~9月が1番強くなります!

sun

 

紫外線というと真夏!

というイメージもありますがすでにG.Wから紫外線の影響は出始めています。

6月の梅雨にも紫外線は降り注いでいるのです。

 

◎では一日のうちどの時間帯が紫外線が大井のでしょうか?

一日のうちでだいたい10時~14時が1日の約60%を占めています。

 

ではなぜ、髪が顔の2倍も紫外線を受けてしまうのでしょうか?

それは…

顔よりも太陽に近い位置にある髪は、顔に比べてずっと紫外線を浴びてしまうのです。

 

特に頭皮、あとハチ周りが張っている人も浴びやすいです。

カラーの褪色も毛先はそんなに明るくないのに中間だけ明るくなってる…。

なんてことないですか?

それはそこに1番太陽、つまり紫外線があたっているからなんです。

髪が日焼けするとどうなるの?

■パサつき、ゴワつきの原因に

→紫外線によるダメージが原因で髪の水分が失われてまた髪の内部を保護しているキューティクルが

剥がれやすくなり艶が失われてパサつきやゴワつきの原因になってしまいます。

 

 

→強い紫外線は、髪の強さを保つ構造(シスチン結合)を切断します。

その結果、髪のうるおいを保つキューティクルがはがれやすくなり、髪のパサつき・ゴワつきを引き起こします。

 

■これから生えてくるかみにもダメージが!

→頭皮に紫外線が当たることで、細胞にダメージを受け顔と同じように頭皮も老化し、

これから生えてくる髪の毛に影響してしまう可能性があります。

 

■頭皮にかゆみも…!

→日焼けした頭皮はかゆみを発生しフケが発生!

 

 

 

■カラーリングした髪は褪色してしまい赤茶色っぽくなってしまう

→髪には紫外線を分解する力があるメラニン色素があるのですが、

カラーリング剤を使った後は髪の中のメラニン色素が減少してしまうのです!

→また海やプールに行ったとき、髪に塩分や塩素がついたままだと、髪がパサつき茶色くなる原因に。

そこで強い紫外線を浴びると、メラニン色素が変色し、これも髪が茶色くなる原因になります。

 

【紫外線が髪に与える影響】

髪のダメージ、乾燥、褪色、ツヤがなくなる原因

 

【紫外線が頭皮に与える影響】

頭皮乾燥、乾燥からくるかゆみ、フケの原因、頭皮のハリ・コシがなくなる原因

 

肌などは再生能力がありますが、髪は死んだ細胞なので一度ダメージを受けると自分で再生することが不可能。

そのまま放置し過ぎると傷んでいく一方です!

再生ができないので日焼けをしない!

日焼けをしたらすぐにケアをするというのが鉄則です!!

 

 

とはいってもやっぱり

◎大事なのは日焼け対策!!

大きすぎる帽子をかぶった女の子

 

・10時~14時の間の外出は避ける!

・帽子をかぶる(出来るだけ黒を選ぶ)

・UVカットスプレーを活用!

・濡れたままの髪で外に出ない!

・しっかりした髪を作るにはタンパク質をきちんと取る!

 

ここで豆知識!

 

紫外線透過率という、紫外線を通してしまう割合があるのですが

黒…1.7%

白…19.4%

というデータもあります。

黒だと、紫外線を99%近くカットすることができるのに、白だと80%程度しかカットできないということです。

 

ちなみに

①黒→②赤or青→③黄色→④白の順番で紫外線を通さないのだそうです。

 

つまり、黒などの濃い色は紫外線を吸収しやすく、白などの薄い色は紫外線を反射する特徴があります。

 

なので出来るだけ黒の帽子を!

Fotolia_92754023_Subscription_Monthly_M

 

 

◎洗い流さないヘアケアトリートメントを使う!

出かける直前につけることで紫外線を通してしまう割合があるのですが直接髪に当たることを防いでくれる他、トリートメント効果で髪を一日中修復してくれる作用があります。

 

 

◎毎日のシャンプーも重要!

紫外線が強くなってくる時期は特に汗をかきやすくもなると思います。

頭皮の過剰な皮脂の分泌は紫外線のダメージを増大させてしまいます。

それだけでなく、毛穴のつまりを増やして新たな髪が成長するのを妨げてしまいます。

暑い時期は特に髪に優しいシャンプーを使って頭皮をしっかりシャンプーしてください。

 

 

では

日焼けした髪はどうすればいいの?

 

◎冷やす

まずは徹底的に冷やす!

お肌の日焼けと一緒で頭皮が軽いやけどを負ってる状態です。

冷やしたタオルなどで頭皮を冷やしてあげてください。

 

◎頭皮マッサージ

Fotolia_48614066_Subscription_Monthly_M

 

頭皮マッサージをすることで血行が良くなり効果的◎

普段のシャンプー時にしっかりほぐしてあげることでその日のうちに日焼けした頭皮を労ってあげてください。

 

そして、髪の毛には

◎「ヘマチン」が入ったケア用品を使う!

へマチンとは、血液中に含まれるヘモグロビンに結合しているタンパクグロビンを分離してつくられる色素のこと。

髪の主成分であるケラチンとくっついて髪を補修して守ってくれる。

 

→ヘマチンにはパーマのカールを長持ちさせたり、カラーを長持ちさせる効果がある

→白髪の原因となるメラニン色素を復元してくれるので、自然な黒髪になる

→紫外線吸収効果があり、水にも強いので洗い流しても効果が持続する

 

◎保湿!!

とにかく大事なのは乾燥した頭皮や髪を元の状態に戻すこと!

頭皮用の化粧水や美容液、髪には毛先中心にしっかりオイルをつけて水分を髪内部に残しながら乾かしてあげてください。

 

これから暖かくなり外出する機会も増えると思います。

日焼けしてしまったあとのケア方法もありますがやはり、お肌も髪も日焼けをしないのが一番!!

 

髪の毛は再生されないので夏楽しく遊んで夏の思い出と引き換えに、

気がつけばバサバサ、キシキシ、カラーリングも退色しまくりなんておブスヘアになることが無いように

日焼け防止対策はしっかりしてあげてください♡♡

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP