女性にうれしい豆乳の効果!豆乳の効果的な飲み方&選び方

 
スーパーやコンビニなどでよく見かける豆乳。
 
豆乳の効果ってどんなものがあるの?体に良いの?と疑問に思っていませんか?
 
大豆の成分を含む豆乳には、肌やダイエットサポートなどの美容面
 
便秘や生活習慣病予防などの健康面で、嬉しい効果があるんです!
 
豆乳の効果と、豆乳の選び方・より効果的な飲み方などもご紹介しますので
 
豆乳を飲んでいる方もこれから飲もうと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください!
 
 
 
 

女性にうれしい豆乳の効果とは!?

 
大豆を原料とする豆乳には、
 
イソフラボン、大豆たんぱく、レシチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、サポニン、オリゴ糖など、
 
栄養素が豊富に含まれています。
 

 
この豊富な栄養を含む豆乳の効果には、主に以下の6つがあります!
 

    ・便秘をやわらげる
     
    ・ダイエットサポート、肥満予防
     
    ・生活習慣病予防
     
    ・認知症、うつ症状をやわらげる
     
    ・肌荒れを防ぐ
     
    ・生理痛をやわらげる
     
    など

 
 

①便秘をやわらげる

 
豆乳100mlに、約0.2gの食物繊維が含まれています。
 
食物繊維は、便の量を増やしたり、便を軟らかくして排便を促すと言われています。
 
またオリゴ糖は、善玉菌を増やして腸内環境を良くするため、便通を良くするのに効果的です。
 
 
 

②ダイエットサポート、肥満予防

 
豆乳に含まれるサポニンという成分は
 
食事で摂った脂肪分が体内に吸収されないように働き、脂肪が蓄積するのをおさえます。
 

 
また豆乳に含まれる食物繊維は、胃の中で水分を吸ってふくらみ満腹感を与えるので
 
食欲をおさえるのに良いと言われています。
 
脂肪を溜めにくく、食欲を抑える働きで、肥満の防止が期待出来ます。
 
 
 

③生活習慣病予防

 
レシチンという成分には、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
 
脳を活性化したり、血液をサラサラにすることも期待できるので
 
動脈硬化・脳梗塞などの生活習慣病予防に有効なのです。
 
 
 

④認知症予防、うつ症状をやわらげる

 
レシチン・ビタミンB郡の働きから
 
認知症予防・うつ症状をやわらげるのにも、豆乳は効果的といわれています。
 

 
レシチンには脳を活性化する役割
 
ビタミンB群には脳の機能を維持する役割があると考えられているため
 
認知症予防が期待出来ます。
 
また、ビタミンB1が不足することで脳の働きが低下し
 
集中力の低下やイライラしやすくなるといわれています。
 
ビタミンB群をしっかり摂る事でストレスを軽減してリラックすることができ
 
うつ病を予防できると考えられています。
 
 
 

⑤肌荒れを防ぐ

 
乾燥などによる肌悩みや肌荒れを防ぐのにも、豆乳は良いとされています。
 

 
イソフラボンやビタミンCには、コラーゲン生成を助ける働きがあります。
 
コラーゲンとは皮膚などに存在するたんぱく質の一種で
 
このコラーゲンが増えると、肌が潤いハリ・ツヤが出ると言われています。
 
さらにイソフラボンは、皮脂分泌を抑える働きもあるとされていますので
 
過剰な皮脂による肌荒れ予防にも期待出来ます。
 
 
 

⑥生理痛をやわらげる

 
生理痛は、エストロゲンという女性ホルモンが低下する事で、症状が重くなるとされています。
 

 
イソフラボンは体内でエストロゲンに似た役割を担ってくれるため、生理痛が緩和する可能性があると考えられています。
 
※ただし、イソフラボンの過剰摂取は、生理痛の症状を悪化させる恐れがありますので、ご注意を!!
 
 
 

毎日続ける豆乳の種類&おすすめ豆乳

 
豆乳は無調整・調整・豆乳飲料と種類が分かれていてカロリーも異なります。
 
その違いと、おすすめの豆乳についてお伝えします。
 
 

豆乳の種類

 
現在、私たちが購入できる豆乳は大きく分けて以下の3種類です。
 

    無調整豆乳…大豆のみが原料の、味を調整されていない豆乳
     
    調整豆乳…砂糖などを加えて、味を調整した豆乳
     
    豆乳飲料…調整豆乳にフレイバー(紅茶やバナナなど)を足して飲みやすくした豆乳

 
イソフラボンなどの栄養素は、無調整豆乳⇒調整豆乳⇒豆乳飲料の順に含有量が少なくなります。
 
さらに無調整豆乳は比較的カロリーが低いのでダイエットにも向いています。
 
一方で、無調整豆乳は、大豆特有のクセがあるため
 
一般的には調整豆乳や豆乳飲料のほうが飲みやすいといわれています。
 
豆乳は比較的安い価格で購入できますので、自分に合った豆乳はどれか、飲み比べてみると良いでしょう。
 
 
 

豆乳の摂取量について

 
健康面・美容面で効果の高い豆乳ですが
 
豆乳などの大豆製品に含まれるイソフラボンの摂取は、1日70~75mg程度が推奨されています。
 
ここでは豆乳の摂取量の目安と、大豆製品に含まれるイソフラボンについてお伝えしていきます。
 
 

豆乳の摂取量目安

 
食べ物(豆乳・大豆製品など)からのイソフラボン摂取量は、1日70~75mgが推奨されています。
 
※サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまで
 
メーカーや種類によって多少異なりますが
 
豆乳200mlには約20~60mg程のイソフラボンが含まれているといわれています。
 
しかし、豆乳を含む大豆製品にはイソフラボンの他にも様々な栄養素が含まれており
 
豆乳に成分表示として表示されている数値全てが体内で吸収されるわけではありません。
 

 

豆乳に含まれるイソフラボンの過剰摂取による影響

 
イソフラボンの過剰摂取が続くと、人によっては影響が生じる場合があります。
 
すでにお伝えした通り、イソフラボンは体内で女性ホルモンに似た役割を担うことができます。
 
そのため、摂り過ぎることによってホルモンのバランスが崩れてしまうと
 
肌荒れや生理不順が起こる可能性があるのです。
 

 
女性ホルモンのバランスが悪化すると、子宮内膜症など婦人科系の病気に繋がることもあります。
 
ただ、これは過剰に摂取した場合などです。
 
次に紹介するイソフラボン量を参考にしていただき、適度に摂りいれるようにしましょう。
 
また、どうしても気になる方は一度専門医へご相談することをおすすめします。
 
 
 

豆乳&大豆製品に含まれるイソフラボン量の目安

 
【豆乳】
 

 
豆乳は、種類やメーカーによってイソフラボンの含有量が異なります。
 
パッケージに記載がありますので、確認してみてください。
 
また、豆乳に含まれるイソフラボンの量が全て体内に吸収されるわけではありません。
 
こちらはあくまでも豆乳に含まれるイソフラボン量の目安です。
 

※豆乳飲料のイソフラボン量は、メーカー・味によって異なります。
詳しいイソフラボンの量を知りたい方は、こちらをご参照ください。

 

 
 
 

豆乳の効果的な飲み方

 
豆乳の効果をより感じるために、豆乳を飲むタイミングと方法についてご紹介します。
 
 

■朝に飲む

 
脳を活性化させる役割をもつ豆乳を飲む、もっともおすすめの時間帯は朝です。
 
豆乳を飲むと腸が活発になるため、便秘にお悩みの方にも効果的だといわれています。
 

■空腹時に飲む

 
栄養を吸収しやすいといわれる空腹時に豆乳を飲むのもおすすめです。
 
さらに食事前に飲むと、血糖値がゆるやかに上昇するので
 
ダイエットや生活習慣病の予防に効果的だと考えられています。
 
 

■温めて飲む

 

 
飲み物は温めた方が、体内での吸収がよくなるといわれています。
 
豆乳は熱を加えても栄養価がほぼ変わらないので、温めて飲むようにしましょう。
 
 
 
 
美肌やダイエットサポートなどの美容面だけでなく
 
便秘改善や生活習慣病予防など健康面でも、豆乳の効果が期待出来ます。
 
ただ、過剰な飲み過ぎは、美容や健康に逆効果となる事もありますので
 
飲み過ぎないよう注意しながら、豆乳の効果を取り入れていきましょう!
 
 
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP