★これからが忙しくなる季節。。。お仕事やイベントで疲れ、目元のアイツ。。。気になっていませんか??★

 
美容師の仕事をしていると、髪のお悩みだけでなく
 
スキンケアやメイクのお悩みもお客様から御相談を受けます。
 
最近よく聞く、多いお悩みの1つが目の下のクマについてですね。。。
 
やはり、忙しくなる冬の季節。
 
身体の危険信号はお顔にもでています。
 
そんな、クマをコンシーラーで消そうとしても
 
消えなかったり、消せたとしても、厚塗りになって崩れる。。。
 
今回は、クマについて。。。
 
種類や解消方法をお伝えしていこうと思います。
 
目のクマには、3つの種類があります。
 
クマ別に見分け方からできる原因、その対策方法をご説明します。
 
目は印象を左右する大切なポイントです。
 
目の下にできた、ひどいクマで顔の印象を悪くすることがないよう
 
しっかりとした対策をしていきましょう。
 


 
睡眠不足や不規則な生活が続くと、いつの間にか出ている目の下のクマ。
 
目の下にクマが出ていると
 
疲れているように見えたり、年齢より老けて見えたり、、、
 
また不健康に見みられたりということがあります。
 
また、顔全体の雰囲気を悪くしてしまったりもします。
 
第一印象が大切な現代人にとっては
 
目の下のクマはマイナスポイントのひとつになってしまうでしょう。
 
原因を考え、対策を講じましょう。
 
目の下のクマには、3つの種類があるとお伝えしました。。
 

青クマ・・・血行不良などによるクマ

 

茶クマ・・・色素沈着などによるクマ

 

黒クマ・・・肌のたるみ、皮膚のへこみなどによるクマ

 
に別けられるようです。
 
 

※目のクマの見分け方※

 
目じりを軽く横に引っ張ってみましょう!!!
 
目じりを軽く横に引っ張ると・・・
 
 
【1】少しクマの色が薄くなる
 
ファンデーションを塗ると薄くなるのは
 
 

【青クマ】

 
 
青クマは、静脈の色が皮膚を透けて見えているものですので、
 
皮膚を引っ張ると、色が薄くなります。

青クマが出来る原因は血行不良です。

血行不良が引き起こされるのは
 
睡眠不足・疲労・ストレス・眼精疲労・コリなどによる血行不良
 
眼輪筋の筋力低下・ドライアイ・喫煙など。
 
それらが原因となり、血流・血行不良が起こります。
 
★青クマ対策としてはコスメや炭酸パックが大事★
 

改善方法

 
青クマの主な原因は、血行不良ですので
 
血行を促進することが改善のポイントです。
 
スキンケア用品、炭酸パック
 
血行・血流の促進に効果のある炭酸パックや
 
アイケアに効果があるコスメで
 
血行を改善しましょう。
 
身体は冷えると、血管が収縮し血行不良につながります。
 
血行が悪くなると、新陳代謝も低下してしまいます。
 
身体を温めることで、血管を拡張させ、血行を促進しましょう。
 
半身浴や身体を温める効果のある飲み物
 
血のめぐりを良くする青汁などがおすすめです。
 
目の酷使による眼精疲労、睡眠不足や喫煙などの生活習慣
 
ストレスなども青くまの原因となりえます。
 
それらの改善、解消も目のクマ対策として考えたいポイントです。
 
コスメは、目元のクマ改善には、コラーゲンが重要な役割を果します。
 
また、保湿を担うセラミドが配合されたコスメを使うこともクマ対策に役立ちます。
 
目のクマ改善に効果のあるコスメを選ぶのなら
 
やはり、目元ケアのために開発されたアイケア専用のコスメ
 
もしくは、コラーゲンが配合された美容液
 
コラーゲン生成増加の効果があるアルギネートや
 
ビタミンC配合のコスメを選ぶといいでしょう。
 
食生活での改善なら。。。
 
バランスの良い食生活で栄養素をしっかり摂るのも
 
目の下のクマ対策のひとつの方法です。
 
血液をサラサラにしてくれる葉酸
 
血行を促す栄養素としては、ビタミンE、鉄分
 
また、鉄分の吸収をサポートするビタミンCも大切です。
 

    それらを含む食品:

      【葉酸】 焼き海苔、鶏レバー、牛レバー、豚レバー、うなぎ(きも)、うに(生)、菜の花、枝豆、モロヘイヤ
      【ビタミンE】 アーモンド、ほうれん草、キングサーモン、ツナ缶、たらこ、かぼちゃ、赤パプリカ、アボカド
      【鉄分】 豚レバー、鶏レバー、ひじき、高野豆腐、ごま、切り干し大根、しじみ、あさり、ほうれん草、かつお、
           まぐろ赤身
      【ビタミンC】 オレンジ、いちご、キウイ、柿、レモン、芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、菜の花、
             じゃがいも

 
がオススメです。
 
好き嫌いせず、しっかりバランス良く食べましょう。
 


 
 
目じりを軽く横に引っ張っても・・・
 
 
【2】クマの色は変わらない
 
ファンデーションを塗ると薄くなる
 

【茶クマ】

 
茶クマは、皮膚に沈着した色素が原因ですのでF
 
皮膚を引っ張っても、色は変わりません。
 

茶クマができる主な原因は
 
目元の皮膚におけるメラニン色素の沈着です。

 
紫外線によるシミの増加、落としきれない化粧品や
 
合わないスキンケアなどによってシミができ
 
それが連なって茶クマに見えます。
 
クレンジング
 
メイクの刺激や手でこすったりすることによる摩擦など
 
目元への刺激によって、目の下の角質が厚くなるなどのくすみによっても
 
茶クマとして現れます。
 

解消方法

メラニン色素沈着が原因の茶クマ対策は
 
シミやくすみ対策と同様の解消法です。
 
メラニン色素を排出するために
 
肌のターンオーバーの正常化が大切です。
 
美白成分が配合されたコスメを使用して美白ケアを心がけ
 
時間をかけて地道にシミを改善させることが必要になります。
 
コスメは、メラニン色素を作る『メラノサイト』の数を減少させる作用があり
 
できてしまったシミにも高い効果を発揮する
 
〔ハイドロキノン〕が含まれるものをチョイスしてみて下さい。
 
目じりを軽く横に引っ張ると・・・
 
 
【3】クマの色が薄くなる
 
ファンデーションを塗っても消えない

 

【黒クマ】

 

黒クマはたるみなどが原因で起こります

皮膚を引っ張ると薄くなりますが
 
ファンデーションを塗っても消えません。
 
年齢とともに目元の皮膚がたるんだり
 
むくんだりすることによって影ができ
 
それが黒く見えるのが黒クマです。
 

解消方法

黒クマを改善するには目元のたるみをなくし
 
ハリを取り戻すことが大切です。
 
保湿を心がけると同時に
 コラーゲン、セラミドを補給してあげることが必要となります。
 
コスメは、肌のハリ、保湿に効力のある美容液を選びましょう。
 
★今ならまだ間に合うかも!!!?薄毛予防、白髪予防、ハリコシアップのための最新エイジング方法★
 


 
さて、如何でしたか??
 
気になる目元のクマも種類別に原因を理解し
 
改善する事で良くなると思います。
 
エステや治療も大切かもしれませんが
 
出来ることから挑戦し目元のクマを撃退しましょう!!!
 
 

関連記事一覧

  1. 綺麗な髪を保つ為の基本!!!ヘアブラシの種類とオススメを特別にお教えします★
PAGE TOP