「透明感のある女性」になる!その6つの特徴をご紹介♡

 
透明感のある女性って素敵ですよね。
 
透明感のある女性は、男女問わず愛される存在なのではないでしょうか。
 
ただ、透明感のある女性って具体的にどんな女性なんだろう?
 
どうしたら透明感のある女性になれるんだろう?
 
と思う人も多いはず。
 
そこで今回は、外見と内面の両方から
 
透明感のある女性の特徴と、近づく方法をご紹介します。
 
どれも日常でできることばかりです。
 
毎日の生活を少しだけ意識して、憧れの「透明感のある女性」に近づきましょう。
 
 
 
 

「透明感のある女性」に惹かれる理由

 

 
「顔立ちが整っている女性」と「透明感のある女性」はイコールなのでしょうか。
 
きっと顔立ちが整っていることが必ずしも透明感につながるかというと、きっとそうではないですよね。
 
では、透明感のある女性とはどんな人なのでしょうか。
 

    ・なめらかで透き通るような印象の肌をしている
    ・派手ではないが髪や爪などにツヤがある
    ・見た目だけでなく、所作や身の回りの物など全体的に美しさがある

 
こうした、容姿だけではない美しさを持ち、澄んだ印象を与える女性を
 
透明感のある女性と感じるのではないでしょうか。
 
そして、そんな女性になるのは実はそんなに難しいことではなく、日々の積み重ねが重要になってくるのだと思います。
 
外見と内面の両方から具体的な特徴と対策を知って、憧れの透明感のある女性に近づきましょう!
 
 
 

透明感のある女性の特徴【外見】

 

 
では具体的に、透明感のある女性はどのような外見的な特徴があると考えられるのでしょうか。
 
ひとつひとつ見ていきましょう。
 
 

特徴①透明感のある女性の肌はキメが整っている

 

 
透明感のある女性に共通して言える大きな特徴のひとつは、光を含んだような美しい印象の肌でしょう。
 
透明感には「色白であるということが重要」という人もいますが
 
肌の色ではなく肌自体の美しさが、その人に透明感を与えてくれるのだと思います。
 
そして、透明感のある美しい肌のポイントは「キメが整っていること」です。
 
キメが整っていて細かい状態の肌は、弾力性(ハリ)があり
 
肌の表面がつるんとしているので、光を反射しやすくなると言われています。
 
光を集め輝く肌は、まさに透明感のある肌ですよね。
 
 

特徴②透明感のある女性のメイクはシンプル

 

 
透明感のある女性は、自分の特徴をうまく活かしたシンプルなメイクをしているという印象があります。
 
濃い色のアイシャドウやばっちりのチーク
 
バサバサのまつ毛のような「メイクしてます!」というメイクからは、透明感は感じづらいですよね。
 
透明感のある女性のメイクは、ナチュラルでツヤやかなメイクであることが大切だと言えるでしょう。
 
 

特徴③透明感のある女性は髪や爪もつやつや

 

 
透明感のある女性は、髪の毛やネイルにも美しさやツヤを感じられることも多いと思います。
 
パサパサの髪の毛やネイルのはげた爪では、肌やメイクに透き通った魅力があっても台無しですよね。
 
天使の輪のある髪やほどよくツヤのあるネイルは、透明感のある女性に必要な要素だと言えるでしょう。
 
 
 

透明感のある女性の特徴【内面】

 
次に、透明感のある女性に共通していると考えられる内面の特徴を見てみましょう。
 
内面的からにじみ出る透明感とは、どんなところから感じ取ることができるのでしょうか。
 
 

特徴④透明感のある女性は余裕がある

 

 
透明感のある女性は、いつも笑顔だったり、周りをよく見ていて気遣いができたりと、余裕があるように感じます。
 
あなたの近くにいる透明感のある女性を思い浮かべてみてください。
 
その人の表情は、キラキラとした素敵な笑顔ではないでしょうか。
 
そんな笑顔も、ほっこりするような気遣いも、心に余裕があってこそ生まれるものだと思います。
 
 

特徴⑤透明感のある女性は清潔感がある

 

 
透明感のある女性に清潔感は必須だと言えるでしょう。
 
見た目の清潔感はもちろんですが、持ち物や身の回りの清潔感も重要です。
 
どんなにその人自身が素敵でも
 
バックの中や机が汚いと、その人の透明感が失われて見えてしまうこともありますよね。
 
透明感のある女性は、デスクも整理整頓されていて、周囲に澄んだ空気が流れているのではないでしょうか。
 
 

特徴⑥透明感のある女性は品がある

 

 
明感のある女性は、使う言葉やしぐさに品がある印象があります。
 
近くにいる透明感のある女性の言動を少し観察してみてください。
 
汚い言葉づかいや悪口ばかり言っている人、動作が雑な人はいないのではないでしょうか。
 
使う言葉はその人をそのまま表しているとも言います。
 
また、姿勢もとても大切です。
 
和服をきた女性に品を感じるのも、背筋が伸びているからではないでしょうか。
 
ピンと伸びた姿には不思議と惹きつけられ、思わず目がいきますよね。
 
 
 

透明感のある女性になるためのポイント

 
透明感のある女性について、外見と内面それぞれの特徴をみてきました。
 
では次に、そんな透明感のある女性に近づくための具体的な方法をご紹介します。
 
 

方法①キメが整った肌を手に入れるためのスキンケア

 
透明感のあるキメの整った肌を作るには、正しい洗顔やクレンジングをはじめ
 
肌悩みの原因となる乾燥・紫外線対策などのスキンケア
 
そして体の中からキレイを作る生活習慣が重要になります。
 
 

正しい洗顔・クレンジング

 

 
洗顔やクレンジングのときは、摩擦で肌に負担を与えないことと
 
必要な皮脂まで洗い流さないようにすることを心がけましょう。
 
肌の汚れをしっかり落とそうとして、ついゴシゴシと力を入れて洗っていませんか?
 
摩擦は肌の角質を傷つけてしまい、キメを乱す原因になりやすいと言えます。
 
特に目元は、アイメイクをしっかりするため一生懸命にクレンジングをしてしまいがちですが
 
とてもデリケートでダメージを受けやすいとされる部分なので気をつけましょう。
 
クレンジングは洗浄力ばかりに注目せず
 
自分の肌やメイクの濃さにあうものを選ぶようにしてください。
 
アイメイクやリップなどデリケートかつクレンジングで落ちにくい部分は
 
ポイントメイク専用のリムーバーを使ってこすらずに落としましょう。
 
また、洗顔料はしっかりと泡立てて、泡を滑らせるようにして顔を洗います。
 
冷水ではなく人肌程度のぬるま湯で、洗い残しが無いようしっかりと洗い流しましょう。
 
洗顔後に顔の水を拭き取るときも
 
タオルでゴシゴシと擦らずに、優しく押し当てるようにして拭くようにしてください。
 
 

乾燥対策・保湿ケア

 

 
肌は乾燥すると、紫外線や摩擦など外部からの刺激を受けやすくなり
 
肌が荒れたり、キメが乱れたりする原因になります。
 
また、洗顔後の肌はとても乾燥しやすいと言われているので、すぐに化粧水をつけましょう。
 
化粧水だけでは十分に保湿されない人も多いので
 
セラミドなどの保湿成分が入った美容液や乳液を使うなどして
 
日頃からしっかりと保湿を意識したお手入れを心がけてください。
 
うるおいのある、キメの整った美肌作りに保湿はかかせません。
 
 

紫外線対策

 

 
紫外線は、乾燥しやすい肌を作ったり
 
シワやシミといった肌悩みの原因になったりするなど、肌に影響を与えます。
 
また、紫外線は天候や場所を問わずいつでも空から降り注いでいるので、油断は禁物です。
 
紫外線から肌を守るには、日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘を活用したりするなどして
 
日頃からこまめに紫外線対策をすることが大切です。
 
 

生活習慣

 

 
肌のキメは、食生活の乱れやストレスからも影響を受けてしまいます。
 
肌に必要な栄養が届くように
 
バランスのとれた食事をする
 
適度な運動でストレスを発散する
 
睡眠をしっかり摂る、といった
 
規則正しい生活を送るように心がけてください。
 
透明感のあるキメの整った肌のために、体の中からキレイを意識した生活を続けていきましょう。
 
 
 

方法②ナチュラルさと輝きを意識したメイク

 
透明感を意識する際には、メイクの仕方も大切です。
 
メイクをするときは、透明感には欠かせない「ナチュラルさ」と「輝き(ツヤ)」を意識してみてください。
 
アイシャドウは、色味ではなくツヤをプラスするようなアイテムを選んでみましょう。
 
チークは自分の肌になじむ色をつけてもいいと思いますし
 
自分の肌がもつ自然な血色で十分、と言えるようにスキンケアで肌を整えておくのもよいですね。
 
まつ毛は上げすぎず、ゆるやかなカーブにするのがおすすめです。
 
マスカラはボリュームタイプよりロングタイプを選び、ナチュラルかつ繊細に仕上げましょう。
 
マスカラがダマになるのはもちろんご法度。
 
マスカラをつけたあとにはコームでとかしてください。
 

 
つけまつげやまつ毛エクステは、目元の主張が強くなってしまいますので、透明感を出したいときはあまりおすすめしません。
 
どうしてもつけたい場合は、カールは穏やかで、なるべく細め、そして地のまつげの長さと比べて不自然に長くないものを選ぶようにしてみてください。
 
「この人透明感があって素敵だな」と思う女優さんのメイクを真似してみるのもいいですね。
 
 
 

方法③うるおいで輝きを保つヘア&ネイルケア

 
サラサラでツヤのある髪をキープするには
 
自分に合ったシャンプーやコンディショナー、トリートメントを使ってみたり
 
自分で頭皮マッサージをしてみたりするのもおすすめです。
 
 
 

まとめ

 
美人だから可愛いからだけでは透明感は演出できません。
 
外面も内面も素敵な女性を目指しましょう!
 
 
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP