★ハーブ。。。身体にいいことは解っている。。でも、苦手な方って多くないですか?★

ハーブと言えば、化粧品やアロマ
 
料理の香草やお茶などによく使われたりしていますよね??
 
実は私自身、身体にいいとは重々解っているのですが
 
化粧品やアロマの香りとしては大丈夫なのに
 
料理の香草として使われたり
 
ハーブドリンクになるとどうも苦手で取り入れられませんでした。
 
しかし、そんなハーブが苦手なかたでも
 
比較的に美味しく飲めるドリンクがあったのです!
 
今回はハーブについて特徴や効果をお教えする他
 
ハーブが苦手な方でも美味しく飲みやすいオススメドリンクについて
 
書いて行きたいと思います☆
 
 

1 ハーブとは何か?

 
ハーブ(Herb)の語源は
 
ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。
 
地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……
 
植物の中でどんなものをハーブといい
 
どのくらいの種類があるのでしょうか?
 
思いきり広い意味に解釈すれば
 
あらゆる植物はハーブといえるかもしれません。
 
なぜなら、ハーブとは
 
「私たち人間の暮らしに役立つ植物」のことだからです。
 
ですからよくよく考えてみると
 
役に立たない植物、つまりハーブではない植物はありえないように思えてきます。
 
 

ハーブの定義について考えてみよう

 
ローズマリーやセージ、タイム、カモミール、ラベンダー…
 
これらは主にヨーロッパの人々が伝えてきたハーブたちです。
 
ヨーロッパの人々が伝えてきたハーブたちです
 
歴史をひも解いてみると
 
世界のどんな民族も周囲の植物を利用してきたことが分かります。
 
日本には
 
シソ、ショウガ、サンショウ、ワサビ
 
などがあるように、それぞれの地域の民族に固有のハーブがあるわけです。
 
南米アマゾンの熱帯雨林には
 
現在インディオの呪術師しか知らない薬用植物が
 
何百種類もあると推測されていて
 
薬学者の注目を集めている最中です。
 
さらに、中国漢方で用いる多数の薬草や
 
今日本で人気のウーロン茶、杜仲茶などの原料
 
ハーブといってさしつかえありません。
 
ハーブは何種類くらいあるのかという
 
議論のナンセンスなことがお分かりになると思います。
 
また、家の周りに勝手に生えてくる草を
 
雑草と呼び、目の敵にしがちですが
 
タンポポやスギナ、オオバコ、シバムギ
 
みなそれぞれ
 
タンデライオン、ホーステイル、プランテイン、カウチグラス
 
という名の立派なハーブです。
 
また伝統的にヨーロッパでは
 
国内で栽培できず輸入されるものが多いスパイスとの違いとして
 
自国内で栽培できる植物の部位を”ハーブ”と呼ぶ慣わしがあるようです。
 
さらに、上のいくつかの定義では
 
「香り」がハーブの定義に含まれていますが
 
香り付けのためではなく、葉物野菜のようにサラダとして食用にする
 
「サラダ用ハーブ」と区分されるものもハーブにはあります。
 
このように、”ハーブ”の定義は
 
その利用意図やシーンにより様々で
 
なかなか複雑です。
 
しかしどのようなシーンでの利用であれ
 
植物の各部位に有効な成分が含まれているのが”ハーブ”の特質で
 
その成分には香りと風味を放つものが多くあると言えるでしょう。
 
歴史的には、ハーブは古代から利用されており
 
料理への利用はもちろん
 
医療(薬)として外用・内用として
 
身体のあらゆる部位へ利用されてきました。
 
常に人とともにあり人に利用されてきた経緯から
 
「生活に役立つ香りのある植物」
 
という定義は良く理解できます。
 
生活に役立つ香りのある植物
 
庭やプランターなど
 
狭い場所で気軽に栽培できる品種が多いのもハーブの特性です。
 
ミントなど古くから多彩に利用されてきたハーブがとても簡単に栽培できたり、
 
私たちの生活に豊かで健康な彩りを与えています。
 
気軽に生活の中で楽しめ
 
健康増進させるものがハーブのひとつの特性だと考えると
 
より楽しくハーブ生活が送れそうではありませんか?
 
 

2 ハーブと香草

 
ハーブは「香草」とよばれる場合もあり
 
すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。
 
ヨーロッパ中世の時代に
 
香りを持つハーブが魔よけになると信じられ珍重された伝統から
 
現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。
 
香料植物としてはもちろん
 
特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに
 
好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが
 
「香草」はハーブとイコールではありません。
 
ハーブの香りの正体は植物にごくわずかに含まれる精油(エッセンシャル・オイル)
 
複雑多様な成分で構成されるこの精油を正しいやり方で用いれば
 
私たちの心や体にさまざまなプラスの効果を発揮するのは事実です。
 
ハーブなどの精油を使ったこうしたテクニックをアロマテラピー(芳香療法)といい
 
伝統的でありながら
 
最新の自然療法として注目を集めているようです。
 
香りはハーブのすべてではありませんが
 
主要な特徴をあらわしているのは確かですね。
 
と言う事で、ハーブについて
 
良さや効能はある程度解って頂けたと思います。
 

そこで!!

 
ハーブが苦手なかたでも
 
取り入れやすいオススメドリンクをここからは御紹介していきます。
 
私のオススメは、生活の木が発売している…
 
【ハーブコーディアル】です!
 
ハーブコーディアルというのは
 
摘みたてのハーブや
 
新鮮な果物を原料としたノンアルコール飲料のことです。
  
そして、私がよく飲んでいるのは
 
飲みやすいシロップタイプのものです。
 
ハーブコーディアル BMコラム用
 
濃縮タイプのハーブドリンクで
 
ハーブの効能はそのままで、飲みやすくて
 
ミネラルウォーターや炭酸水、お湯などで薄めるだけなので
 
とっても手軽に、アイスでもホットでも頂けます☆
 
「色も綺麗」「香りも素敵」「味も美味しく飲みやすい」とのことで
 
会社の女性スタッフやお客様にも大人気です。
 
私の一押しは…
 
【エルダーフラワー】
 
エルダーフラワー
 
身体の毒素を出し
 
免疫機能を高めてくれるエルダーフラワーのコーディアル。
 
また、呼吸器の気道を綺麗にしてくれるため気管支炎にも効果的
 
マスカットのような甘い香りが心身をリラックスさせてくれます。
 
エルダーフラワーは
 
発汗作用・利尿作用が優れてて
 
「インフルエンザ特効薬」ともいわれているハーブです。
 
ちなみに抗アレルギー効能もあるようで
 
鼻水、鼻づまり、喉の痛みも緩和してくれるとか。
 
私は元々、喘息もあり
 
花粉症などのアレルギー体質なので、愛飲するようになりました。
 
後は風邪にもいいですよ!
 
 
その他にもいろんな種類があります。
 
あなたのお悩みにぴったりのハーブコーディアルがきっと見つかりますよ!
 
 
 

    ⚫︎ハーブコーディアル ローズヒップ

     

      ビタミンCを豊富に含み美容効果が高いといわれているドリンク。

     

      フルーティーな甘い香りとほどよい酸味が特徴的。

     

      ハーブコーディアルの中でもその人気は高く、女性に嬉しい美肌効果が抜群!

     

      ローズヒップは”ビタミンCの爆弾”とも呼ばれ

     

      なんとレモンの約10倍ものビタミンCが含まれています。

     

      ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてシミやそばかすを防ぎ

     

      粘膜の強化にも役立つため風邪予防にも効果的。

     

      ローズヒップは他にも、カルシウムや鉄・ベータカロチンなどを多く含み

     

      貧血予防や眼精疲労にも効果があるとされ

     

      まさに万能ハーブといっても過言ではありません。

     
     

    ⚫︎ハーブコーディアル ピンクジンジャー

     

      トックス効果の高いしょうがの効能が期待されるドリンクです。

     

      食欲がない胃が疲れた時にも効果的。

     

      血行促進効果で体が温める効果も期待できます。

     
     

    ⚫︎ハーブコーディアル コムブッカ

     

      デトックスにも効果があります。

     

      ミランダ・カーをはじめ、多くの海外セレブにも大人気の「紅茶キノコ」が原料です。

     

      美容や健康に詳しい方はご存知かと思いますが

     

      紅茶キノコはゲル状の菌株を紅茶や緑茶に浸して発酵させた健康飲料のこと。

     

      現在ハーブコーディアルとして売られているものは

     

      そこに果実やハーブのエキスを加えて飲みやすくしたものなのです。

     

      紅茶キノコ(コムブッカ)には脂肪燃焼やデトックス効果があり

     

      ダイエットに効果的と言われています。

     

      また腸内環境を整えて便秘を解消してくれるほか

     

      ポリフェノールの抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待されています。

     
     

    ⚫︎ハーブコーディアルクランベリーハイビスカス

     

      ルビーのように色鮮やかでさっぱりとした酸味があるさわやかな味。

     

      フルーティな風味で子供にも人気です。

     

      ハイビスカスにはビタミンCやクエン酸、リンゴ酸などが豊富に含まれており

     

      美容や疲労回復に効果的です。

     

      クランベリーにはポリフェノールが多く含まれ、高い抗酸化作用が期待できます。

     
     

    ⚫︎ハーブコーディアル DT

     

      その名の通りデトックスです。

     

      リンゴ果汁をベースに砂糖を一切加えず、コリアンダーやエキナセアなど

     

      十数種のハーブ成分を配合し優しい風味に仕上げています。

     

      ヨーロッパでは定番のデトックス(解毒)ジュース!

     

      体内に蓄積している老廃物や毒素の排泄を促して

     

      お通じやむくみ、ダイエット、冷え、肌荒れなど

     

      女性特有の悩みに効果が期待できます。

 
 
 
ハーブコーディアルは、6種類あるので
 
ハーブコーディアルは6種類あるので
 
効能に合わせて飲むのも良し!
 
味の好みに合わせて飲むのも良し!
 
ヨーグルトやアイス、お酒でわるのもまた良し!
 
ハーブ嫌いなかたも
 
是非とも騙されたと思って一度お試し下さい☆
 
イメージがガラリと変わるはずです♪
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP