髪育のキホン♡質のイイ睡眠で美しい髪を作ろう♡~良質な睡眠をとるためには

 

不規則な生活はお肌だけじゃなくて、髪にも影響を起こすことはご存知ですか?

 

一日二日でどうこうなるものではありませんが未来の髪の毛のコトを

考えるとそれはとても大切な話!!

 

薄毛や白髪に恐怖心を抱くのなら。『睡眠』はおろそかにできません!!

 

 

睡眠の大切さ

睡眠の大切さ

 

よく、夜ふかしすると髪が早く伸びるなんて都市伝説がありますが

そんなのはノンノンノンです!!

 

睡眠不足というのは体だけでなく、髪にも影響を及ぼします。

睡眠には レム睡眠とノンレム睡眠の2種類ありますが

髪にとって重要になるのは ノンレム睡眠です。

 

なぜならノンレム睡眠は脳も休息している状態であるため

入眠後の初めにやってくるノンレム睡眠の時に 髪の成長で必要となる

成長ホルモンが一番多く分泌されるからです。

 

成長ホルモンは正常な細胞分裂を促し

髪や頭皮の修復や再生、回復をしてくれます。

 

日中に頭皮が受けた紫外線や汚れを睡眠中に回復してくれているのです。

 

成長ホルモンは減少していく?

 

髪に関係する成長ホルモンは若いころはたくさん分泌されるのですが

20歳をピークに歳を追うごとに年々減少していきます。

 

成長ホルモンの減少は薄毛の原因 となってしまうので、

年齢を重ねるほど睡眠の質が重要になっていきます。

 

あなどれない睡眠の質。それは睡眠時間にあった。

睡眠の質

 

さて、薄毛予防のための質のいい睡眠をとるためにはどうすればいいのか?

まず、髪を作るもととなる毛根部の細胞分裂が最も活動するのが

午後9時頃で、最も成長するのが午後10時~午前2時

と言われています。

 

このことから最低でも午後12時頃には就寝するのがベストでしょう。

夜遅く寝るとノンレム睡眠がとりにくくなって

ホルモンの分泌が低下してしまいます。

 

理想的な睡眠時間としては6~8時間がベスト です。

 

慢性的な睡眠不足は、薄毛や抜け毛を増加させる原因

 

薄毛や抜け毛を増加

 

髪は日中たくさんのダメージを受けていて、とくに太陽からの紫外線、

塵や埃、温度や湿度も髪には負担材料といえるでしょう。

それら日中に受けたダメージの修復は、睡眠中に行っています。

 

十分睡眠は髪だけでなくストレス体制も強くなります。

睡眠不足は細胞分裂が低下しやすくなり

頭皮の血流が悪くなり髪にとってマイナスしかありません。

 

質の良い睡眠を得るためにはその環境も重要です。

 

寝室はなるべく静かな環境が好ましい

 

照明は暗く、テレビやスマホを暗闇で見るようなことはやめましょう。

 

テレビやスマホを暗闇で見る

 

テレビやスマホの光は睡眠導入への妨げになる原因となっています。

 

就寝1時間前にはあまり画面を見ないことがおすすめです。

※夜寝る前にパソコンやスマホを見ると、新たな情報が脳に送られて興奮状態になります。

 

さらに、体は眠ろうとしていても、モニタの光で脳に刺激を受けることによって、

反対に目覚めさせてしまいます。

 

そうすると、なかなか寝付けなかったり、熟睡しにくくなりますので、

睡眠前はリラックスするようにしましょう。

 

月明かり

 

明かりも大事です。

人は暗闇よりも、月明かり(30ルクス程度)のもとにいた方が快眠できるといわれています。

カーテンを少し開けておくとよいでしょう。

直接目に明かりが入らないよう、足元のほうを開けましょう。

 

それではあなたはきちんとした睡眠とれてますか?

寝不足チェックリスト

 

気づかないうちに寝不足?寝不足チェックリスト!

読書したり、テレビを観たりしていると眠くなる

授業や講演を聴いていると眠くなる

昼食後、眠くなる

乗り物に乗ると寝てしまう

 

「よくある」という項目が一つでもあれば、睡眠不足の可能性が高いといえます。

寝ているつもりでも、いくつかのポイントにチェックがつきますのではないでしょうか?

 

寝ているはずなのに・・・

寝ていても質のよい睡眠は取れていないということなんですね。

 

睡眠不足や夜更かしは髪の成長を阻む。

しっかり睡眠時間を取ることによって、

人間の体は正常な状態に保たれています。

 

・体調を整える

・皮膚や血液の代謝を高める

・ストレスや不安を解消する

 

逆に、睡眠による休息が不足すると、

影響は皮膚や髪の毛へ真っ先に現れてきます。

 

「1日徹夜しただけで白髪や抜け毛が増えた」

「寝不足が続いたら、眉毛などに脱毛部分が出来てしまった」

 

といった経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

これは、人体の末端部分にある髪の毛などは、

直接、生命活動に関わる重要器官ではないことが原因です。

 

毎日の睡眠時間をしっかり確保することも、

育毛と髪の健康維持には大切なポイントになります。

髪のために良い睡眠の取り方

 

毎日決まった時間に寝る(できれば0時までには入眠する)

ここでポイント!!この時間にしっかり寝ていると髪が育つ

と言われるゴールデンタイムな時間があります。

ゴールデンタイム

 

それは…。

 

人体で細胞分裂が最も活発になるのは、

22時~2時の間だと言われています。

 

毛母細胞が一番活発に活動する

時間帯は夜の10時~2時で成長ホルモンは夜中1時~2時が

一番分泌されやすい時間帯です。

 

そしてこの成長ホルモンは寝てから約30分後から

分泌され始めてから3時間が一番分泌されます。

 

この時間にしっかり睡眠を取ることで、

細胞分裂と新陳代謝を助け、健康な頭髪を作ることに繋がります。

 
・22時~2時にできれば0時までには入眠する
・5時間以上の睡眠時間を確保する
 

この2つに気をつけることです。

 

 

体温を調整する

 

適切な室温を保つのも重要です。

身体がリラックスするのは、上がった体温が下がり始めたとき。

バスタブにつかって体温を調節することで、よりよい睡眠につながります。

 

お湯の温度は、夏は39度、冬は40~41度が最適です。

42度以上になると身体と脳が興奮状態となり、かえって眠れなくなるのでご注意ください。

 

あまり寝付けない時は?

 

ジョギングやランニング

あまり寝付けない時はお昼や夕方に軽い運動を取り入れてみましょう。

近所でジョギングやランニングなら手軽にすぐできますし

適度な疲労感は心地良い睡眠を誘ってくれます♡

 

良い睡眠とは「すっきりと目覚める」こと!

 

身体や脳にとって一番いい睡眠時間というのは3つあります。

 

・4時間30分

・6時間

・7時間30分

 

これが一番いい睡眠時間と言われています。

 

これはレム睡眠とノンレム睡眠が寝ている間に交互に訪れて

ノンレム睡眠の時に起きるのがスッキリと起きれるからです。

 

ストレスなくすっきり起きることは髪の毛の成長にもいいんです。

良質な睡眠

ただ寝るだけでは不十分。良質な睡眠がポイント!

 

眠る時間に気を付けても浅い眠りだったり、

何度も目が覚めるような質の悪い睡眠では、成長ホルモンもあまり分泌されず、

効果は十分に発揮されないでしょう。

 

良質な睡眠をとるためには、必要なことを理解して準備を行うことが大切です。

 

・深い眠りにつける準備

・就寝中の睡眠環境を整えておく

・体内時計を整える

・自分に必要な睡眠時間を設定する

 

疲れたとき、美容を気にしているとき、 イヤなことがあったとき。

そんな時は、サッサとお布団に潜って寝ちゃいましょう (笑) 案外コレが1番効くんです♡

 

寝るだけって簡単なようで実は難しいかもしれません。

しかし、寝る時間や環境など少し工夫をするだけで良質な睡眠が取れるのです。

 

良質な睡眠=美肌・美髪の第一歩です♡

どんなサプリやトリートメントよりも一番効果的ですよ♡

ぜひお試しあれ♡♡♡

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP