産後の抜け毛はいつからいつまで?

 
赤ちゃんを出産するという大仕事をやってのけたママにとって
 
急に抜け毛が増えたりすると不安に思いますよね。
 
産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩後脱毛症とも呼ばれ
 
経産婦の7割が経験しているともいわれています。
 
そんな産後の抜け毛について、いつからいつまで続くのか、おすすめの対策や予防法をご紹介します。
 
 
 

産後の抜け毛とは?なぜ髪の毛が急に抜けるの?

 
出産後にやっと落ち着いてお風呂に入り
 
シャンプーをしたり髪を乾かしているときに
 
ごっそりと髪が抜ける、という状況に驚くママは多いようです。
 
ただ、何か異常があっての抜け毛ではなく
 
赤ちゃんを育てるためのママの身体の変化による影響といわれているので、安心してくださいね。
 
産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化が主な原因です。
 
妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)が増えます。
 
通常、髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが
 
女性ホルモンが増えると髪の毛が抜けにくくなるため
 
妊娠中は髪の毛や体毛が増えて毛深くなったという妊婦さんも多くいます。
 
そして、産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。
 
 
女性ホルモン以外にも以下のようなストレスや生活習慣も産後の抜け毛に影響しています。
 
 

    ● 慣れない子育てのストレス
    ● 髪が抜けることによるストレス
    ● 授乳やお世話で睡眠時間が少ない
    ● 食事がしっかり摂れていない

 
 
 

産後の抜け毛はいつからいつまで?

 

 
基本的なヘアサイクルは以下の状態を繰り返しています。
 

    ● 成長期(髪の毛が生える時期)2~6年
    ● 退行期(髪の毛が抜ける時期)2~3週間
    ● 休止期(髪の毛が生えるまでの休みの時期)2~3ヶ月

 
産後の抜け毛については、出産後すぐに多くの髪の毛が一気に抜けてしまい
 
髪の毛が生えるまでの休みの時期である休止期に入ることによって
 
一時的に髪が少なく、薄くなってしまいます。
 
そして休止期の2~3ヶ月を過ぎればだんだんと髪が生え始め
 
元のヘアサイクルに戻ると髪の量も改善されてきます。
 
そのため、産後の抜け毛がいつからいつまでか、という点については
 
女性ホルモンの分泌量や生活習慣などで個人差はあります。
 
一般的には、産後すぐから抜け毛が見られ
 
産後6ヶ月頃、遅くとも産後1年で戻ることが多いようです。
 
 
 

産後の抜け毛に対策は必要?脱毛を放っておいていいの?

 

 
産後の抜け毛は、生理的なことだと考えれば特に心配する必要はありません。
 
ただ、あまり脱毛を放っておいても、ストレスが溜まってしまいますよね。
 
少しでも早く回復したいという方は、次の抜け毛対策を心がけましょう。
 

    ● 規則正しい生活をしてリズムを整える
    ● 質の良い睡眠を多く取る
    ● ストレスを溜めない
    ●食事にこだわり、ホルモンバランスを整える
    ●無理なダイエットは避ける
    ●骨盤を整える
    ●抜け毛を悪化させない為にも、シャンプーにもこだわってみる
    ●薄毛の不安をヘアアレンジで素敵にカバー

 
しかし、赤ちゃんが誕生したばかりだと夜泣きもありますし
 
赤ちゃんのお世話をしながら規則正しい生活をするのはなかなか難しいもの。
 
そんな方におすすめなのが、食生活の改善です。
 
抜け毛予防に効果的な食事を栄養素別にまとめました。
 
 
 

産後の抜け毛予防になる食事とは?

 

 
忙しいママが抜け毛を防ぎつつ、健康的に過ごすためには
 
次のような栄養を食事で積極的に摂取するようにしましょう。
 
 

1. カルシウム

 

 
牛乳や小魚、チーズに含まれるカルシウムは髪に艶とコシを与えてくれます。
 
カルシウムは産後特に不足しがちになりますので、骨や歯のためにも積極的に摂りましょう。
 

2. たんぱく質

 

 
大豆、肉、卵などに多く含まれているたんぱく質は髪の原料になります。
 
大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、髪の毛の成長を促します。
 
必要摂取量は40~50mg。
 
納豆1パック分ほどなので朝食に取り入れたり
 
お味噌汁にお豆腐を入れたりすることで手軽に摂取できます。
 

3. ビタミンB群

 

 
豚肉、レバー、大豆、まぐろやカツオなどの魚に多く含まれているビタミンB群
 
頭皮の環境を整え、たんぱく質と一緒になることで髪を作り出す役割があります。
 
また、代謝を促す効果もあるので髪が生えやすくなります。
 
髪の主成分になるケラチンというたんぱく質は
 
ビタミンB6がないと作られない為、とても大切な栄養素だと言えます。
 
ビタミンB群は水に溶けやすい性質があるので
 
煮物よりも焼いたりそのまま食べたりする方が多く摂取できます。
 

4. ミネラル(亜鉛、鉄)

 

 
髪を育ててくれるミネラル。
 
昔からわかめやひじきは髪に良いと言われますが、これらにはミネラルが豊富に含まれています。
 
また貝類には亜鉛、ホウレン草やレバーなどには鉄が含まれており
 
健康的な髪を育ててくれる働きがあります。
 

5.オメガ3脂肪酸

 

 
オメガ3脂肪酸は、ナッツ類・さんまなどの青魚に含まれる成分
 
髪の毛のパサつきを防ぎ、潤いを与えてくれる作用があります。
 
 
 
髪に良い食材は色々ありますが
 
バランスよく複数の食材と組み合わせて適量を取り入れることが大切ですよ。
 
その他にも抜け毛にとって効果的な方法がありますのでご紹介します。
 
 

無理なダイエットは避ける

 

 
産後は、元の体型にもどしたいという思いから
 
急激に体重を落とそうと無理なダイエットをするママもいます。
 
ところが、無理なダイエットをしてしまうと
 
脳に栄養が行かなくなりホルモンの分泌が減り
 
結果エストロゲンの分泌も少なくなってしまうという事が起こります。
 
急激な体重減少は、ホルモンバランスを崩す原因になりますので
 
無理なダイエットは絶対にやめましょう!!
 
 

骨盤を整える

 

 
産後太りの鍵を握る骨盤ですが、実は抜け毛にも影響を与えています。
 
出産で大きく開いた骨盤がゆがんだままになってしまうと
 
エストロゲンを分泌する卵巣への血流が悪くなってしまいます。
 
ただでさえ激減してしまうエストロゲンの分泌がさらに減ってしまう原因となるため
 
正しい位置に骨盤を整えることはとても大切なのです。
 
骨盤ベルトや体操でしっかりとケアしましょう。
 
 
 

産後の抜け毛に、専用の育毛剤やシャンプーもある?

 

 
生活習慣や食事による対策・予防も行いながら
 
産後の抜け毛に専用の育毛剤やシャンプーを使ったという先輩ママも多くいます。
 
特に授乳中は母乳への影響が気になりますよね。
 
授乳中のママと赤ちゃんへの影響のことも考えて作られた
 
産後の抜け毛専用のオーガニックシャンプーは人気です。
 
抜け毛を悪化させない為にも、シャンプーにもこだわってみましょう。
 
産後はホルモンバランスが崩れる事で
 
頭皮の免疫力が低下してしまい敏感になりがちです。
 
いつも使っているシャンプーなのに刺激を受けてしまったり
 
ストレスや睡眠不足が原因で頭皮の皮脂バランスを崩してしまったりと
 
肌の免疫力が低下する事による頭皮環境の悪化も気になる時期です。
 
授乳などで、髪に栄養が行きわたりづらい時期でもあるので
 
髪のパサつきが気になる方もいるでしょう。
 
そんな時期に髪の毛に刺激の強いシャンプーを使うと
 
更に抜け毛を悪化させる事もあるので注意が必要です。
 
もしも抜け毛が激しい場合は、オーガニックシャンプー等
 
できるだけ頭皮に優しいシャンプーを試してみましょう。
 
 

    ●アミノ酸系シャンプー
     アミノ酸系シャンプーは、皮脂をおとしすぎないのが特徴です。
     頭皮にも優しいシャンプーとしても知られています。
     髪の毛の抜け毛などのトラブルからアトピーなどの頭皮トラブルに効果あるのでオススメ。

 

    ●ノンシリコンシャンプー
     シリコンは、もともと髪の毛をコーティングする目的で入れられている成分です。
     ところが、そのコーティング剤が、毛穴を埋めてしまう作用があるので
     頭皮に栄養が行きわたらず、髪の毛が固くなってしまう事もあるので注意。

 

    ●ラウリル硫酸・ラウレス硫酸シャンプー
     市販のシャンプーによく含まれているのがこの成分。
     洗浄力がアップする成分。
     角質層の頭皮バリアまで取り除いてしまうやめ、頭皮が乾燥しやすいのが特徴。
     使い続けると抜け毛の原因になる事もあるので注意。

 
 
 

産後の抜け毛に神経質になりすぎないよう、気長に対策を・・・

 

 
産後の抜け毛にショックを受けるのは仕方のないことですが
 
楽しく育児をするためにも、あまり考えすぎず、自然に改善されるまで待つことが大切です。
 
パートナーにも相談しながら
 
できる限り無理をしないように、気長に対策を続けられるといいですね。
 
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP