どうしてジェルネイルは剥がれちゃうの?

 
「サロンでせっかく綺麗にしてもらったのに…」
 
ジェルネイルを楽しんでいる女性の疑問
 
どうしてジェルネイルは剥がれちゃうの?」を大解剖!
 
「サロンでプロにやってもらったのにすぐ剥がれたんですけど!」と思っていたあなた!
 
様々な原因とその対処法をネイルを楽しむ多くの女性の為に
 
プロのネイリストがお伝えいたします♡♡
 

ジェルネイルって?

ジェルネイルとは自分の爪、もしくはスカルプチュアに使用する紫外線で固まる合成樹脂で作るネイルです。
 
きついにおいがなく、落ちにくい上、爪への負担も軽いネイルです。
 
透明感、輝きが特徴で、色も豊富にあります。
 
また、紫外線ライトで固めるため、施術の時間も20分程度と短い時間でできます。
 
 

ジェルネイルのメリット

ジェルネイルはポリッシュネイルと比べるとどんないいことがあるのでしょうか?
 
ジェルネイルのメリットをまとめてみました。
 

美しく、透明感の高い仕上がり

ジェルネイルはべースジェルで下地を作った上に色を乗せているので
 
発色が良く、色ムラが出にくいことが特徴。
 
また、カラージェル以外はすべて透明のジェルを使用しているので
 
爪に美しい透明感が生まれます。
 

アートのレパートリーが多く、きれいに仕上がる

ジェルネイルは、ライトで硬化させるまで表面が固まらないので
 
施術しやすく、ネイルアートのレパートリーも豊富です。
 
また、硬化させてしまえばカラーが混ざることもないので
 
ポリッシュより短時間できれいに仕上げることができるのも魅力。
 

長い間楽しむことができる

ポリッシュネイルに比べて長い期間ネイルを美しく保つことができます。
 
目安としては2~4週間と言われていますが
 
伸びてきたところをきれいに削ることで手直しすることもできます!
 
また、耐久性も高いので
 
ポリッシュネイルのようにネイルカラーが削れてしまったり
 
指先から剥がれてきてしまうということがなく
 
ずっと施術直後の美しさをキープできますよ。
 

爪のコーティング効果

短かったり、割れやすい爪をコーティングして補強する効果もあります。
 
カラーが禁止されている場合でも、透明のジェルだけで施術することができるので
 
爪が折れやすかったり、柔らかくて困っているという人に向いています。
 

 
 

デザイン

ジェルネイルにはかわいいデザインがたくさんあります!
 
どんなデザインがあるのかみていきましょう☆☆
 

ワンカラー

爪全体を同じ色で塗りつぶすデザイン。

カラーグラデーション(カラグラ)

爪の先端から根元にかけて、色を薄くしていくデザイン。

ラメグラデーション(ラメグラ)

カラーグラデーションと同様。
ラメジェルやミクスチュア(アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜたもの)で行います。

フレンチ

爪の先端部分に色を付けた、ネイルのデザイン名。定番のデザイン。

逆フレンチ

フレンチとは逆に、根元の部分のみをクリアにして、その他は全体に色をつけるデザイン。
ワンカラーに近いものの、根元がクリアなので伸びてもあまり目立ちません。

ナナメフレンチ

爪の左右どちらか一方から、爪の先端まで色をつけるデザイン。

変形フレンチ

爪の先端に色をつけるデザインの中でも、色の境目の形がラウンドではなく、
雲型やハート型になっているなど、変形しているデザイン。

クロスフレンチ

爪のサイドから1色ずつ、先端の中心にかけて左右から色を入れて、交差するようにしたデザイン。

 
 

ジェルネイルをした後は

 
「こんなに可愛いデザインにしてもらったのに欠けちゃった?」
 
「それなりの金額を払って施してもらった可愛いネイル、せっかくなら長く持たせたいのに、もう剥がれてきちゃった」
 
などなど、ジェルネイルをしていると必ず出てくる悩み。
 
そこには人それぞれ様々な原因があります。
 

ジェルネイルの寿命

 

 
爪の伸びる速さ、見た目、衛生面
 
日常的ダメージを考慮して、3~4週間だと思います。
 
これは、爪がジェルと相性が良いことを前提とした数字です。
 
更に元から爪が丈夫で、伸びても気にしない人はそのまま2か月持ったりします。
 
ただ、それだけ経てば爪はとても伸びた状態です。
 
根元も自爪が見えて、ワンカラーなどだとカッコ悪いです。
 
フレンチなら大丈夫かなってくらいですが、バランスも悪いですし
 
そもそもそれだけ伸びた爪、生活に支障が出るのが普通です。
 

 
付け替えの理由を「伸びてカッコ悪いから…」なんて言うと
 
「切ったらいいのでは?」と思うかもしれません。
 
しかし、それは剥がれやすくなる原因の一つです。(理由は後ほど。)
 
そして何より、ジェルの下で何が起きているか分からないので
 
定期的にオフするのが安全ということ。
 
大丈夫そうに見えてもジェルが浮いていて
 
そこから水分や菌が入り爪の病気になってしまう場合もあります。
 
爪を健康で美しい状態に保ちたいなら3週間くらいでオフすることをオススメします。
 
 

剥がれる・浮く原因

ジェルネイルが剥がれたり、浮いたり…そんなトラブルの原因をみていきましょう。
 

指先(爪先)をよく使う

 

 
足にジェルネイルを施した時に手より持ちがイイのは
 
伸びるのが遅いことともう一つ、人間は手を良く使うからだと思います。
 
人は手であらゆる作業をし、爪も生活の中で衝撃を受けています。
 

日常生活からの影響

 

 
剥がれにくいからとつい忘れて日常を過ごしていると
 
気づかぬうちにネイルに影響を及ぼしている場合があります。
 

爪が柔らかい

 

 
爪が柔らかいとジェルが剥がれやすいです。
 
ジェルを塗って硬化する土台が柔らかいのですから
 
どこかが浮いてシールのように剥がれてしまうことがイメージしやすいと思います。
 
爪が薄かったり、手によく汗をかく方はこの状態のことが多いです。
 

爪を切る

 

 
爪をパチンと切る際、固い爪に力が加わり曲がります。
 
その瞬間、爪とジェルの間に空気が入り、そこから浮いてしまうことがあります。
 
また、プロがジェルを塗っている時、爪の先(エッジ)の部分にもジェルを塗布しています。
 
爪先まで覆うようにジェルを塗り、剥がれにくくしているのです。
 
その爪先を切り離してしまうのですから剥がれやすいのは当たり前です。
 
 

ジェルを美しく長持ちさせるコツ

 
では施術後のネイルをどうしたらキレイなまま長く楽しめるのか。
 
日常で気を付けること、ケアの仕方などをまとめました。
 

爪に負担をかけない

パソコンを打つ、ダンボールを解体する
 
缶のプルタブを開ける、エレベーターのボタンを押す等々
 
何気ない日常生活の行動で爪にダメージを与えています。
 
それらの仕草を爪に負担の無いように少々変えるだけで、だいぶ改善されます。
 
いつも同じ指から剥がれてしまう方は気をつけてみては?
 

水や洗剤に気をつける

小さな傷から水や洗剤が入ると浮いてしまいます。
 
食器を洗ったりお風呂掃除をする時はゴム手袋をした方が良いでしょう。
 
頭を洗う時もヘッドブラシを使うことをオススメします。
 

保湿する

ネイルの施術中は油分厳禁ですが、美しい爪や手のためには保湿が必要です。
 
ハンドクリームやオイルで保湿しましょう。
 
余談ですが、私がネイルサロンで働いていた頃
 
「サロンに来ると手が乾燥するから」と施術の直前にハンドクリームを塗って来られるお客様がいました。
 
塗ってしまったのは仕方が無いので何も言わず対応しましたが
 
正直なところ、それは控えた方が良いでしょう。
 
全く悪気が無いのは分かっているのですが、施術中に手や爪周りが油分を帯びていては持ちにも影響します。
 

表面が曇ったら除光液

 

 
ジェルネイルには汚れが付きやすいもの。
 
気になったらお家にある除光液をコットンに含ませ優しく拭いてみてください。
 
曇りや汚れが取り除ける場合があります。
 
ただし、長く置かないこと。
 
ジェル専用のリムーバーでなくてもアセトンが入っていることがあります。
 
軽くサッと拭くのが良いでしょう。
 
 

どうしても短くしたい時は…

 

 
爪切りで切ると衝撃で浮きやすいと説明しましたが
 
爪やすり(ファイル)で短くするとそのリスクが減り
 
爪切りで切った場合より長持ちします。
 
ただ、爪先に塗ってあったジェルを取り除いてしまったことに変わりないのでご注意を。
 
 
 
マニキュアの様に乾かす時間も気にしないし
 
人によっては約1ヶ月ほど楽しめるし少し気をつけるだけで常に綺麗な爪先を保てるはずです。
 
ぜひ参考にしてみてください♡♡
 
 
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP