30代・・・気になりはじめる『髪のうねり』

髪の毛にツヤがなくなる・・・

 

髪の毛が年を取ってくると、だんだんと昔のように天使の輪が出にくくなります。

こうなると、しっかりとブラシで梳かしながら乾かさないと

バサバサ・外も歩きたくない!ということに・・・
 

原因はいくつかありますが、最大の理由は『髪が歪み始める』ということですね。

髪ゴワゴワ
 

若い時期に比べ、髪や頭皮に栄養がいきにくくなり、

生えてくる髪の質・太さが不均等になっていきます。

 

こんな感情は、男女問わずあるのでは無いでしょうか??

 

トップのボリュームが出にくくなってきた

こちらも髪の毛のエイジング現象の代表格です。

いくら頑張ってセットしても、

すぐぺしゃんこになる・生え際が透けて年齢を感じる・・・
という事が起こります。

このエイジング現象の要因は2つ。
    1. 頭皮の毛穴が横を向き始める

 

  1. 髪本体にコシがなくなる

 

    イメージはこんな感じです。

 

  • 頭皮がたるむ▶︎上を向いていた毛穴も引っ張られて傾く
  • 毛髪の中身がスカスカに▶︎柱のない家が安定して立ってられないのと同じ。

 
年齢を重ねていくごとに髪の悩みは増えていきますよね・・・。

悩みや気になるところは人それぞれですが、そのうちの一つが「うねり」です。
 
今まではそんなことなかったのになんだか最近よく髪がうねるなぁ・・・

なんてことも増えてくるはず。そもそもなんで髪がうねってしまうのか調べてみましょう。

髪がうねる原因。。。

髪の毛がうねる原因の一つに毛穴の歪みが考えられるようです。

毛穴の歪み

歪みのない毛穴からはまっすぐな髪の毛が生えてくるのですが

歪んだ毛穴からはクセのある髪の毛が生えてきます。
 

人間の皮膚は歳を重ねるにつれて、ハリや潤いがなくなったり

シワができたり、固くなったり…どんどん衰えていってしまいます。

髪の毛で見えにくく忘れられがちですが、頭皮もけっして例外ではありません。

加齢によって頭皮が衰え毛穴が歪んでしまうのです。
 

顔の肌が年齢とともに皮脂量が減り、水分を保持できなくなってくるように

頭皮もまた皮脂の分泌量が減り、水分を保持できなくなってきます。

皮脂は髪表面をコーティングして保護してくれているのでそれがなくなるとなれば

キューティクルが傷つきやすくなり、乾燥やゴワつきの原因になりますし

湿気が多い日などには過剰に水分を吸収してしまうなどのトラブルの原因になります。

日常生活でもトラブルの原因になることやってしまってるかも…。
 
 
■シャンプーの洗浄力が強すぎる
 
普段使っているシャンプーの見直しも重要です!

シャンプーの洗浄力が強すぎるのは水分不足の原因の一つになります。

市販のシャンプーの大半は、洗い上がりの良さを追求し、

洗浄力が高い成分が含まれています。

そのため必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥を招くのです。

オススメとしてはアミノ酸系のシャンプー。

刺激が弱く洗浄力は中程度ですが、髪の保湿力を高めてくれます。

ただし少々高価なので手が出し辛くもありますが、保湿を重視するなら試す価値ありです!
 

また、普段使っているシャンプーでも、

1回で使う量を減らすことで乾燥を防ぐことを助けます。

汚れはなるべく事前にお湯で落として、

シャンプーは1回につき1プッシュ

ロングの場合でも2プッシュまでにしましょう。
 
 
■シャワーの温度が熱すぎる
 
シャワーの温度

熱いお湯もまた、必要な油分を落としすぎてしまう原因。

髪を洗うときはぬるめのお湯、大体38度くらいが適温です。

また、シャンプーを洗い流す際は、最後に冷たい水ですすぐこともオススメ。

キューティクルが締まり、髪がつややかになります☆
 
 

■髪の乾かし方が間違っている

 

髪の乾かし方

髪の毛はタオルドライしてから、なるべくすぐにドライヤーで乾かしましょう。

ただしここで注意!

髪の毛が熱で痛むときがあるので、

ヒートプロテクション効果のある製品の使用が必須です!

オススメは椿オイルやホホバオイル、ココナッツオイルなどのヘアオイル♪

髪がまだ少し濡れた状態で塗布してドライヤーで乾かします。
 
乾かすのは内側から。

これもポイントです。

 
毛先はもともと乾きやすく痛みやすいので、直接ドライヤーの風は当てず、

頭皮に近い髪の毛あたりから乾かします。

ドライヤーを振りながら広範囲に当たるようにかけて、最後に冷風で乾かします。

こうすることで髪と頭皮の栄養分が逃げず、うるおいのある髪と頭皮になるのです。

水分バランスの崩れがうねりの原因のようです。
 

他にも血行が悪くなってしまうことも原因なんです。

毛穴の状態も関係しているようですが、頭皮も関係しているということですね。

対策などはあるのかどうか調べてみましょう。
 

対処法はあるの!?
  1. 規則正しい生活
  2. 髪、頭皮のことを配慮したシャンプーを使う
  3. 定期的な髪、頭皮のメンテナンス(ヘッドスパ、トリートメント)

 
年齢と共に身体は衰えます。もちろん髪もその一つです。

髪の毛で見た目年齢の差は大きく変わってしまいます。
 
そして健康なツヤ髪はヘアスタイルをより美しく見せるので
30代を過ぎた女性はお肌を手入れするように髪も大事にしましょう。

やはりホルモンバランスを正す事が大事です。
ストレスを溜めないようにしたり適度にストレス発散するようにしてください!

お肌もそうですが、年齢に合ったケアをすることが大事ということですね。
 

上質な睡眠が大事!
 
上質な睡眠
 
女性ホルモンの分泌を急激に減少させないためにも
上質な睡眠をとるようにしましょう。
 
午後10時~午前2時の間に寝ていることがベストですが、
それが無理ならせめて日付が変わる前には寝床に入るよう心がけてくださいね!
 

予防ができたらもっとイイ!

毛穴が歪む原因として、頭皮のコラーゲンやエラスチン
ヒアルロン酸などが減少し、ハリや弾力が失われていることが考えられます。
 
20代後半〜30歳頃から皮膚のコラーゲンの生成量は大きく減り始めます。
そのため、身体の内外から意識して栄養を摂取する必要があるのです。
 
お肌に化粧品をつけてマッサージをするのと同じように
頭皮もシャンプーのときにマッサージをしてあげましょう。

頭皮マッサージ
 
血行が促進され、健康な頭皮環境を作るのに効果的ですよ。
頭皮マッサージをして血行促進することを心掛けてください。
 
シャンプーなども今一度見直してみてください。
もちろん食べ物などでも予防・改善できるので
自分に合ったやり方で予防してみてくださいね♪

 
どーしてもうねりが気になるようだったら一層のことパーマをオン☆

パーマヘア
 
年齢とともに毛穴のカタチが歪んでしまったり
栄養が不足すると細くなり髪がうねるコトがあるそうです。
 

そんな、うねり悩みの方のヘアスタイルのポイントは

* 顔回りのまとまり感 *
 
* ドライヤーの当て方 *
 
* あえてのパーマ *
 
寝癖のように見えるのは、髪に統一感がないから。
つまり、統一感さえだしてあげれば逆にモノにできるということなのです♡
 
顔まわりにはあえてのパーマをあててクビレをつくる。
すると、まとまりと小顔効果を得ることが♡
 
毎朝のスタイリングは、マジックカラーでトップにボリュームを出し
地肌にドライヤーの空気を含ませながらスタイリングしていきましょう♪
 
つむじや分け目が気になる人は特に、分け目を消すように
前髪とトップを引っ張りながらドライヤーをあてるとフンワリします♪♪

毛先はアウトバストリートメントを塗布して、
内側に指でクルクルしながらドライヤーを当てたら完ぺき♡
 
人間は老化には勝てない部分もありますが一つ一つのケアをやって損はないのです!!
 
いつまでも若々しくいれるために出来ることから始めましょう♡♡
  

関連記事一覧

PAGE TOP