鼻がザラザラするのはなぜ?原因と対策を解説!(前半)

鼻がザラザラする原因と対策を前半・後半でお伝えします♡♡

「鼻のザラザラが気になる」「鼻のザラザラ対策が知りたい」
「クレンジングや洗顔には気を使っているのに、いつの間にか鼻がザラザラしていた…」
という方も多いのではないでしょうか?

今回は、気になる鼻がザラザラする原因対策
鼻がザラザラするときにこそ試したい洗顔方法をご紹介します。

鼻がザラザラすることが気になって仕方がない方は、
悩みを深めたり増やしたりしないためにも自分ができそうな対策だけでも試してみましょう!

1.鼻がザラザラする原因

鼻のザラザラの正体は角栓だと言われています。
角栓とは、本来肌を摩擦などの外部刺激から守る角質と皮脂が混ざり合い、毛穴に詰まった栓だと考えられています。

この角栓が毛穴からはみ出すほど詰まると、
小鼻を触ったときに鼻がザラザラしているように感じやすくなるそうです。

ここでは、鼻がザラザラするときの対策を行うためにも、まずは主な原因を4つご紹介します。

原因(1)肌リズムの乱れ

鼻がザラザラになる原因の1つに、肌リズムの乱れが関係すると言われています。

肌リズムが正常に整っていないと、不要な角質が毛穴にも溜まりやすく、
鼻がザラザラするようになることがあるとされているのです。

原因(2)過剰な皮脂

皮脂が過剰に出ると毛穴が開き、皮脂が詰まりやすく、
鼻がザラザラすることに繋がることがあると考えられています。

過剰な皮脂が毛穴に詰まってしまうと鼻がザラザラするだけではなく、
ニキビができやすくなることもあると言われているのです。

また、皮脂が詰まったまま酸化してしまうと角栓が黒くなり、
より鼻の毛穴が目立つことにも繋がる可能性もあり得ると言われています。
このような、小鼻の黒ずみが目立つ状態をいちご鼻と呼ぶことがあるので、耳にしたことがある方も多いですよね。

原因(3)肌の乾燥

肌が乾燥した状態が続くと鼻がザラザラになりやすくなると言われています。

肌の水分が保てなくなったり、不足したりしていると角質が硬くなることがあるそうです。
硬くなった角質は古くなっても肌に残りやすくなるため、
鼻がザラザラしやすくなると考えられています。

原因(4)ファンデーションやホコリなどの汚れ

ファンデーションやホコリなどの汚れが毛穴に詰まると、鼻がザラザラする原因になることがあるとされています。
クレンジングや洗顔でメイクや汚れを落としているつもりでも、十分に落とせていないと鼻がザラザラしやすくなるようです。

2.鼻がザラザラしたときの3つの対策

次に、鼻がザラザラすると感じたときに試したい3つの対策をご紹介します。

鼻がザラザラした状態をそのまま放っておいてしまうと、
毛穴に詰まった角栓が酸化し黒ずんで、いちご鼻になると見た目にも目立つようになってしまう可能性があります。

悩みを深めないためにも、自分ができそうな対策をチェックしておきましょう。
また、鼻がザラザラになったときにやってはいけないと言われている、ケア方法も併せてご紹介します。

対策(1)クレンジングを見直す

鼻のザラザラが気になるときには、1度クレンジングを見直しましょう。

自分の肌に合っていないクレンジングを使用しているとメイクや汚れが落ちにくかったり、
汚れと一緒に肌に必要な皮脂まで落としてしまったりすることがあると言われています。

皮脂が多く鼻のザラザラ以外にもいちご鼻やテカリが気になる方は、
オイルやジェルのクレンジング、肌が乾燥しやすいという方にはミルククレンジングなどがおすすめです。

また、メイクの濃さによってクレンジングを変えることもおすすめです。
ばっちりメイクのときはオイル系、ベースメイクだけなどナチュラルメイクのときはミルク系というように、
日によってクレンジングを使い分けてみましょう。

鼻のザラザラ対策にもクレンジングの見直しは大切になります。

対策(2)正しい洗顔方法で洗う

鼻がザラザラすることが気になるときは、洗顔方法を間違えていたり、
洗顔の魅力が十分感じにくい方法で行っていたりする場合があると言われています。

鼻のザラザラの正体だと言われている「角栓」を、
洗顔によって洗い流せるように正しい洗顔を行えるようにしましょう。

対策(3)毛穴パックの使い方に気を付ける

鼻のザラザラが気になって仕方がないときは、毛穴パックを行うことも1つの手だと言われています。
毛穴パックは、使い方に気を付けて使用すれば鼻のザラザラの元である角栓のお手入れができると言われています。

~毛穴パック(シートタイプ)の使い方~

1:毛穴パックを付ける前に洗顔をする
肌の表面の汚れをあらかじめ取っておくことで、角栓をシートで取り除きやすくなるとされています。
このときぬるま湯で洗顔し、毛穴を開かせておきましょう。

2:肌(鼻)が濡れた状態でシートを付ける
シートではなく、肌(鼻)を濡らしてから毛穴パックのシートを付けましょう。

3:毛穴パックが完全に乾くまで待つ
毛穴パックが濡れたり、湿ったりした状態では毛穴の汚れが取りきれないことがあるそうです。

4:ゆっくりと毛穴パックを剥がす
乾いた毛穴パックは一気に剥がしてしまうと、せっかくシートに付いた角栓が毛穴に残ってしまうこともあるので気を付けましょう。

~毛穴パックの注意点~

鼻がザラザラに感じるときに毛穴パックを使用する際、必ず注意点を把握しておきましょう。
毛穴パックの使い方を間違えてしまうと、鼻がザラザラする以外の悩みを増やしてしまうことがあると言われています。

注意点(1)頻繁に使用しない
毛穴パックを頻繁に使用すると角質や皮脂などを取りすぎてしまい、
逆に鼻周りの肌がザラザラしたり、ごわごわしたりしてしまうことがあると言われています。

また、頻繁に毛穴パックを使用していると肌リズムも崩れやすくなると考えられているため、
シートタイプであれば多くても2週間に1回程度で使用してみましょう。

注意点(2)鼻周りのスキンケアを避ける
洗顔後、毛穴パックをする前に化粧水や乳液を鼻に付けてしまうと、
毛穴パックの魅力を実感しにくくなってしまうことがあると言われています。

注意点(3)毛穴パック後は鼻を冷やす
毛穴パックをした後は毛穴が開いていると言われているため、冷水やガーゼに包んだ氷で鼻を冷やしましょう。

注意点(4)保湿ケアはしっかりと!
シートタイプの毛穴パックを使用した後は、保湿ケアをしっかりと行うことが大切になります。
角質と一緒に皮脂も取り除きすぎてしまっていることがあるためです。

やってはいけないお手入れ

鼻がザラザラするのが1度気になると、
さまざまな対策や肌のお手入れを試したくなるとは思いますが、中にはおすすめできないお手入れ方法もあります。
ここでは、特におすすめできないものを2つご紹介しておきましょう。

角栓をピンセットで抜く

鼻のザラザラやいちご鼻が気になる方は、ピンセットで角栓を抜いてしまうこともあるようです。
しかし、こうして無理やり角栓を抜くケアはおすすめできません。

ピンセットで角栓を取ると、角栓を抜く際に毛穴が広がってしまうことがあると考えられています。
すると、広がった毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすくなり、鼻のザラザラがさらに気になるようになってしまう可能性があります。

角栓をつまみ出す

ピンセット同様鼻のザラザラが気になるからと言って、
手で角栓をつまみ出そうとすることもおすすめできません。

手で無理やり毛穴周りの肌を押すことで摩擦がおこり、肌の負担なることがあるそうです。
また、角栓をつまみ出すときに力を入れすぎると、毛
穴周りの肌が内出血して痣になってしまうこともあると言われています。

後半では引き続き鼻のザラザラ対策をお伝えします♪

関連記事一覧

PAGE TOP