☆健康にいいと言われ、紅茶嫌いの人でも比較的飲みやすいルイボスティー♪♪そんなルイボスティーのいろいろ調べてみました☆

 
健康や美容に敏感な女性にとって、もはや定番のルイボスティー。
 
アンチエイジング・美肌・妊活・むくみ・冷え・アトピー・ダイエットなど
 
女性に嬉しい効果・効能がたくさん期待できるといわれています♪
 
今回は、ルイボスティーについてあますことなくお伝えしますね☆
 
 

女性なら知っておきたいルイボスティーの効果・効能まとめ

 
健康や美容に敏感な人の間では、すっかりおなじみとなったルイボスティー。
 
でも、体に良いものと知っては言っても、その効果・効能をすべて知っている方は意外と少ないのでは?
 
そこで、ルイボスティーが持つおもな5つの効果・効能を詳しく解説!!!
 
 

ルイボスの効果(1)アンチエイジング・美肌

 

 
ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」という抗酸化成分(酵素)が
 
肌の老化をゆるめて若々しい美肌に導いてくれます。
 
活性酸素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝の促進してくれます。
 
ルイボスの茶葉には、マグネシウム、カリウムといったミネラルをはじめ
 
ビタミンC、カルシウムなど美肌作りに欠かせない成分もバランス良く含まれていてるのがポイントです!
 
愛飲している人たちからは「肌荒れが改善し、若返った!」と喜びの声も多数あるそうです。
 
また、アンチエイジング効果もあるので、洗顔やパックとしても効果が期待できます
 
お茶を飲むだけで、肌のたるみやシワ、乾燥などの肌トラブルを一挙に解決してくれる優れものです。
 
 

ルイボスの効果(2)妊活

 

 
ルイボスティーに含まれている亜鉛やミネラル、ポリフェノールなどの成分は、卵子の質を上げる効果を持っています
 
それだけではなく、排卵周期を安定させてくれるので、ルイボスティーを飲むことで妊娠しやすい身体に近づけます
 
ルイボスティーに含まれるSODは、活性酸素を除去する働きがあるので、卵子の老化防止にもピッタリだそう。
 
また、亜鉛には黄体形成ホルモンを活性化させる働きがあり、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促してくれます。
 
エストロゲンの量が増えることで子宮内膜が厚くなるので、受精卵を迎え入れやすくなるのです。
 
ルイボスティーにはカフェインが入っていないので妊娠中や妊活中の方でも安心して飲むことができます。
 
 

ルイボスの効果(3)むくみ・冷え

 

 
女性の大敵であるむくみ・冷えにもルイボスティーの力は大活躍します!!
 
なんといってもリンパの流れを良くして、老廃物の排出を促す働きがあります
 
ルイボスティーには亜鉛などのミネラルが多く含まれていて、体内でエネルギーを発生させて体温を上昇させます。
 
さらに、リンパや血のめぐりをスムーズにさせて、老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果があります。
 
そのため、冷えやむくみでお悩みの人に、特におススメなんです。
 
ルイボスのお茶を愛飲している人からは「足のむくみが気にならなくなり、身体が楽になった!」という声が多く
 
まさにルイボスティーはむくみ・冷え性の改善にうってつけの飲み物です。
 
 

ルイボスの効果(4)アトピー

 

 
ルイボスティーを毎日飲むことは、アトピー性皮膚炎を緩和・改善させ、克服へ向かう第一歩となります。
 
その理由は、アトピー性皮膚炎で過剰な反応によって作り出された活性酸素を次々に除去していってくれるからです。
 
これによって、乾燥肌を引き起こす「過酸化脂質」も減り、皮膚炎がかなり抑えられていくはずです。
 
また、ルイボスティーに含まれている亜鉛の効果で、皮膚細胞の新陳代謝が促されるため、どんどん皮膚が修復していきます。
 
痒みや痛みの原因になっている根本から改善が見込めることで
 
アトピー性皮膚炎の方にとっては強い味方になること間違いなしです!!!
 
お茶として飲むだけではなく、「ルイボスティー風呂」もぜひ試してみてください。
 
 

ルイボスの効果(5)ダイエット

 

 
ルイボスティーがなぜダイエットに有効なのか??
 
その理由は簡単!!!
 
ルイボスティーに含まれているSODという酵素は、身体の毒素を排出してくれるデトックス効果があります。
 
そのため、老廃物をため込むことなく、胃や腸の働きを良好に保つことで痩せやすい体を作ってくれるのです。
 
さらに、ルイボスに含まれているマグネシウムは、腸内の水分を集める働きがあります。
 
ダイエット中になりがちな便秘も解消も促進してくれるでしょう!!
 
気になるカロリーはほとんどゼロ!!
 
糖分が含まれていないため、たくさん飲んでも太る心配はありません。
 
・・・と言っても飲みすぎは禁物ですが・・・
 
副作用がほぼないと言えるルイボスティーを、ダイエットのサポートとして役として上手に活用していきましょう。
 
 

※飲み過ぎても大丈夫??

 
→ルイボスティーはいくら飲んでも大丈夫!!
 
ルイボスティーは薬ではなく嗜好品なので、1日の摂取量は特に決められていません。
 
ですから、飲む量も人によって違い、1日1L以上飲む人もいれば、カップで2~3杯という人もいます。
 
どちらかというと、たくさん飲む日と全く飲まない日があるというようなムラのある飲み方よりも
 
毎日適度な量を飲んでいる方が効果を実感しやすくなります。
 
 
ただし!
 
✖︎ミネラル豊富なルイボスティーはサプリメントの併用に注意!!!✖︎
 
たくさん飲んでも特に問題はないのですが
 
サプリメントなどを同時に飲んでいて成分を過剰摂取してしまうと体調を崩すことがあります。
 
ルイボスティーにはマグネシウムやナトリウムなど、たくさんのミネラル分が含まれています。 
 
食べ物や飲み物から栄養を摂取している場合には、不足することはあっても過剰になることは少ないのですが
 
サプリメントで栄養成分を補給している場合、食事から摂取した分と合わせた時に
 
1日に必要な量をオーバーしていることがあります。
 
また栄養成分の中には、比率が崩れると体に悪い影響が出てしまうケースもあるので
 
同じ食品ばかり大量に摂ってしまうのも問題があります。
 
こうしたことから、食べ物や飲み物は色々な種類を口にした方が、栄養のバランスが良くなります。
 
 

1日の最適量はどの位?

 

 
1日に摂取するルイボスティーの最適な量は500ml程度とされています。
 
美容や健康を考えると、たくさん水分を摂ることは大切ですが、あまり飲みすぎると水中毒になる可能性もあります。
 
水を飲みすぎると、腎臓に負担がかかって処理が追いつかなくなり
 
体内のミネラルバランスが崩れて低ナトリウム血症を引き起こします。
 
因みに、個々に差はありますが1日2.3Lほどの水分が必要とされています。
 
食事でも水分は摂取出来るので、水などの水分摂取量は1日1L~1.5Lが適正とされてます。
 
季節や環境、身体状態で必要摂取量は変わりますので注意が必要です。
 
ルイボスティーはミネラルバランスが体液に近いのですが、それでも飲み過ぎには注意です。
 
ルイボスティーの飲み方としては
 
お湯の入ったポットにティーバッグを入れる作り方よりも
 
水からじっくり煮出した方が、成分をしっかり抽出できます。
 
 
 

まとめ

 
ナトリウムを除き、ルイボスティーに含まれているミネラルは、普段の食生活では過剰摂取になることが少ない成分です。
 
サプリメントでミネラル補給をしている方は、過剰摂取になるかもしれないので注意が必要です!!!
 
ノンカフェインなので、コーヒーのように飲み過ぎて眠れなくなることもなく
 
適度な量を飲んでいれば美容や健康維持に役立つ飲み物です。
 
飲む量や組み合わせをしっかり守って美容維持や健康維持に役立ててみて下さいね^ – ^
 
   

関連記事一覧

PAGE TOP